SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2019年のテレビCM出稿量は前年と大差なし/関東地区では初出稿の企業が増加【ビデオリサーチ調査】

 ビデオリサーチは、関東・関西・名古屋3地区の各民放5局を対象に2019年の年間(1月~12月)のテレビCM出稿動向をまとめ、発表した。

2019年のテレビCM出稿量は横ばい

 2019年のテレビCM総出稿量は、関東・関西・名古屋3地区とも前年と大きく変わらず、ほぼ横ばいだった。商品種類として出稿量(秒数/関東地区)が最も多いのは、“通信・Web系サービス”で、前年を上回っていた。この傾向は2016年から続いており、「Indeed」「トリバゴジャパン」などを筆頭に引き続き活況。

 テレビCMの総出稿量や商品種類に大きな変化はないものの、関東地区において初めてテレビCM出稿をした企業の数は増えてきており(2018年163社、2019年192社)、テレビCMの裾野が少しずつ広がってきているといえそうだ。

関東地区の年間合計CM総出稿量

関東地区の年間合計CM総出稿量

関西地区の年間合計CM総出稿量

関西地区の年間合計CM総出稿量

名古屋地区の年間合計CM総出稿量

名古屋地区の年間合計CM総出稿量

タレント別CM出稿量・広告主数ともに1位は渡辺直美氏

 タレント別CM出稿量・タレント別広告主数(関東地区)ともに、渡辺直美氏が、2位以下に大きく差をつけて、いずれも初の1位となった。「BOAT RACE振興会」「アフラック生命保険」など多様な業界のCMに継続的に出演しており、これまでも上位の常連だったが、2019年のCM出稿量は2年前の倍になるなど(2017年154,185秒、2019年305,580秒)、これまで以上の躍進で初のCM女王に輝いた。

【調査概要】
調査主体:ビデオリサーチコムハウス(ビデオリサーチグループ会社)
調査時期:2019年1月~12月
調査対象:関東・関西・名古屋3地区の各民放5局
調査方法:関東・関西・名古屋の各地区において「いつ」「どの局で」「何の(企業・商品)」CMが放送されたのかを収集し、独自の基準によって取りまとめたテレビ広告統計により集計

【関連記事】
6割以上がリモートワーク導入企業に好印象/4割以上が働く決め手になると回答【ジャストシステム調査】
10代の8割超が「休日は動画視聴」/サービス利用はAmazonプライムが最多【ジャストシステム調査】
デジタル音声広告市場、前年対比229%の16億円に成長と予測【デジタルインファクト調査】
生活者が答えたブランド価値評価、デジタルサービスが1位・2位に【日経BPコンサルティング調査】
新型コロナの影響で動画ニーズ伸長/漫画やCG・実写などの手段に注目集まる【クラウドワークス調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/04/10 10:45 https://markezine.jp/article/detail/33178

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング