SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インテージ、キャッシュレス決済の実態を捉えるデータサービス「SCI Payment」をリリース

 インテージは、日用消費財の決済実態を捉えるデータサービス「SCI Payment」のデータ提供を5月18日より開始する。

 同サービスは、インテージが保有するSCI(全国消費者パネル調査)の一部モニターに対して日々の買い物の内容(購入場所・購入した商品・価格)と併せて決済手段を聴取することで、キャッシュレス決済の利用実態データを捉える。

SCI Payment 調査概要(タップで拡大)
SCI Payment 調査概要(タップで拡大)

 同社は今回のデータ提供により、企業の決済市場における競合状況の把握やキャンペーン効果の確認、各決済サービスのユーザー像の理解などを支援。企業は、生活者の利用実態やキャッシュレス市場全体を俯瞰した上で、戦略・施策の策定が可能になる。

SCI Payment 提供レポート例(タップで拡大)

SCI Payment 提供レポート例(タップで拡大)

【関連記事】
ヤフー・データソリューション、顧客企業への提案等にビッグデータを活用できる新プランを提供
トランスコスモス、「電話自動受付サービス」の提供を開始 電話応対履歴のデータ活用も可能に
MightyHive、フジテレビ「FOD」のデータ戦略パートナーに
デサントジャパン、公式アプリにランチェスターの「EAP」を導入 顧客行動データの活用へ
デジタルサイネージで棚前の消費者行動データを分析 RJCリサーチとimpactTVが新サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング