SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マイクロアド子会社、Kaizen Platformと提携しスマホ特化型の動画広告配信サービス提供

 マイクロアドの子会社であるエンハンスは、Kaizen Platformと提携し、動画広告配信と動画クリエイティブ制作を一体化したスマートフォン特化型サービス「Locus with KAIZEN Ad(ローカスウィズカイゼンアド)」の提供を開始した。

 同サービスは、エンハンスが提供する動画配信サービス「Locus」が持つ大手メディアの広告枠に、Kaizen Platformが提供する「KAIZEN Ad」で制作した動画クリエイティブを配信するもの。

 クリエイティブ動画は、静止画バナーやLP、チラシなどの既存素材から制作可能。これにより、静止画制作と同等の工数で、動画広告が制作できる。また、動画制作費用は配信費用に包括されており、低コストでの配信が可能だ。

 両社は、プロモーション目的に合わせたメディアプランニングを行い、最適な動画広告を配信することで、コンテンツと動画クリエイティブの掛け合わせによる広告反応率の最大化を支援する。

【関連記事】
AOI Pro.がオンライン上で発注から納品までを完結する「フルリモート動画制作プラン」を提供開始
フォーイットとBitStarが業務提携 動画アフィリエイト広告事業における展開強化へ
Viibar、従来型の広告動画制作や広告運用事業から撤退 動画SaaS・ライバー支援・DX支援に注力
プレゼントキャスト、社名を「TVer」に変更 動画配信サービス事業の推進に向け資本増強へ
AJA SSPのインストリーム動画広告が「ディスプレイ&ビデオ 360」とRTB接続を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/06/09 15:45 https://markezine.jp/article/detail/33586

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング