SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

360Channelが「VR展示会」のシステムを開発 全国スーパーマーケット協会主催イベントで提供

 360Channelは、2020年2月12日(水)~14日(金)に開催された、全国スーパーマーケット協会主催「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」の特別企画展Future Store“Now”において、VRで体験可能な「VR展示会」の撮影・システム構築を行った。

 撮影は、実際のイベント会場でブースとルートの距離を計測し、VRにした時に自然に空間移動ができるよう設計の上、撮影を行った。VR空間内に訴求したい商品やサービスの詳細説明の画像や動画が表示されるタグを埋め込むことにより、商品の理解を促進するコンテンツとなっている。

VR視聴画面イメージ。画面をドラッグすることで、空間を見渡すことが可能。床面にある白い丸いアイコンに触れることで視点の移動ができ、実際の展示場を歩いているようにイベント会場を見渡すことができる
VR視聴画面イメージ。画面をドラッグすることで、空間を見渡すことが可能。
床面にある白い丸いアイコンに触れることで視点の移動ができ、
実際の展示場を歩いているようにイベント会場を見渡すことができる
VR視聴画面イメージ。ブースの柱に表示されているインフォメーションアイコン(オレンジの「i」マーク)を押下すると商品やサービスの詳細説明がポップアップで表示される
VR視聴画面イメージ。ブースの柱に表示されているインフォメーションアイコン(オレンジの「i」マーク)を
押下すると、商品やサービスの詳細説明がポップアップで表示される

 制作したVR空間はPCのブラウザにおいて視聴することが可能。なお、同システムはスマートフォンやVR端末で視聴できるようプログラムすることも可能になっている。

 今回開発・提供したVRシステムにより、これまで当日来場できなかった顧客に対しても、イベントの良さや雰囲気、商品をVRで体験してもらうことで訴求が可能に。また、アーカイブとして記録することで、次回イベントにおける長所や、改善点などの洗い出しができ、よりよいイベント運営につなげることも可能となる。

【関連記事】
シャノン、「オンラインイベントパッケージforイベント支援業界」の提供を開始
GENEROSITY、オンラインイベント型プロモーションサービス「FRONT」を提供
Jストリームら4社、オンラインイベントをリーズナブルに開催するためのサービス「イベキャス」を提供
ゲート、家でイベントを楽しめる「おウチでミュージアム」を提供 展示会等を好きなアングルで閲覧可能に
BitStarとスペースマーケットがオンラインイベントを支援 企画から会場選定・配信まで対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング