MarkeZine(マーケジン)

記事種別

360Channelが「VR展示会」のシステムを開発 全国スーパーマーケット協会主催イベントで提供

2020/06/09 14:30

 360Channelは、2020年2月12日(水)~14日(金)に開催された、全国スーパーマーケット協会主催「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」の特別企画展Future Store“Now”において、VRで体験可能な「VR展示会」の撮影・システム構築を行った。

 撮影は、実際のイベント会場でブースとルートの距離を計測し、VRにした時に自然に空間移動ができるよう設計の上、撮影を行った。VR空間内に訴求したい商品やサービスの詳細説明の画像や動画が表示されるタグを埋め込むことにより、商品の理解を促進するコンテンツとなっている。

VR視聴画面イメージ。画面をドラッグすることで、空間を見渡すことが可能。床面にある白い丸いアイコンに触れることで視点の移動ができ、実際の展示場を歩いているようにイベント会場を見渡すことができる
VR視聴画面イメージ。画面をドラッグすることで、空間を見渡すことが可能。
床面にある白い丸いアイコンに触れることで視点の移動ができ、
実際の展示場を歩いているようにイベント会場を見渡すことができる
VR視聴画面イメージ。ブースの柱に表示されているインフォメーションアイコン(オレンジの「i」マーク)を押下すると商品やサービスの詳細説明がポップアップで表示される
VR視聴画面イメージ。ブースの柱に表示されているインフォメーションアイコン(オレンジの「i」マーク)を
押下すると、商品やサービスの詳細説明がポップアップで表示される

 制作したVR空間はPCのブラウザにおいて視聴することが可能。なお、同システムはスマートフォンやVR端末で視聴できるようプログラムすることも可能になっている。

 今回開発・提供したVRシステムにより、これまで当日来場できなかった顧客に対しても、イベントの良さや雰囲気、商品をVRで体験してもらうことで訴求が可能に。また、アーカイブとして記録することで、次回イベントにおける長所や、改善点などの洗い出しができ、よりよいイベント運営につなげることも可能となる。

【関連記事】
シャノン、「オンラインイベントパッケージforイベント支援業界」の提供を開始
GENEROSITY、オンラインイベント型プロモーションサービス「FRONT」を提供
Jストリームら4社、オンラインイベントをリーズナブルに開催するためのサービス「イベキャス」を提供
ゲート、家でイベントを楽しめる「おウチでミュージアム」を提供 展示会等を好きなアングルで閲覧可能に
BitStarとスペースマーケットがオンラインイベントを支援 企画から会場選定・配信まで対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5