SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

PARTY、WIRED日本版と「WIRED Sci-Fiプロトタイピング研究所」を設立

 クリエイティブ集団「PARTY」は、テクノロジーメディア「WIRED」の日本版と、Sci-Fi(サイファイ、サイエンスフィクションの略称)がもつ想像力を用いて未来を構想するコンサルティングサービス「WIRED Sci-Fiプロトタイピング研究所」を設立した。

 新型コロナウイルスの影響により、現在の延長線上で「未来」を描くことが難しくなっている。両社はこれを背景に、同サービスを設立。Sci-Fiがもつ想像力を用いて産業や企業の未来を想像し、そこからバックキャストで現在に接続するアプローチである「Sci-Fiプロトタイピング」を用いて、企業のコンサルティングを行う。

 具体的には、6ヵ月のプログラムを通し、独自メソッドを実行。ニーズに応じたアウトプットを共創していく。

タップで拡大
タップで拡大
タップで拡大
タップで拡大

 アウトプットは、 マンガや動画などのフォーマットによって企業が目指すべき未来像を描く「ビジュアライゼーション」、プロダクトやサービスのデザインモックを制作する「プロトタイピング」、企業のビジョン・ミッションなどを再定義する「コーポレートヴィジョニング」などが想定されている。

【関連記事】
PARTY、仮想空間上で様々なエンタメ共体験を可能にする「VARP」を提供
CAとPARTY、広告アイデア開発AIツール「CYPAR TANE」の試験運用を開始
スマホアプリ向け効果測定システム「PartyTrack」、Appleの「Search Ads」と連携
CA、PARTYと新会社「CYPAR」を設立 AI×クリエイターで次世代ソリューション構築を目指す
電通デジタル、PARTYの中村洋基氏が顧問に就任 デジタル広告のソリューション開発を加速

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/06/22 16:30 https://markezine.jp/article/detail/33671

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング