SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、スポーツ&エンターテインメント領域のDX共創プロジェクト開始 第一弾は札幌ドームでリモート観戦

 電通は、スポーツをはじめエンターテインメント領域において、ファン起点でのDXを様々なステークホルダーと共に実証実験を行いながら推進するプロジェクトを開始した。

 同プロジェクトの第1弾として、ファイターズ スポーツ&エンターテイメントと共に、7月14日に札幌ドームにて開催されるプロ野球公式戦において、ロボットを活用したリモート観戦席「Future Box Seatβ」の実証実験を行う予定。この取り組みは、感染症拡大防止のため球場での試合観戦を楽しめないスポーツファンに、現地で観戦しているかのような体験を、ロボットを通じて提供。ファンと選手がフィジカルディスタンスを超えて交流できる新しいプラットフォームへとつなげていく。

 具体的には、ロボットを通して遠隔で、選手に応援の拍手を送れたり、ロボットの頭に付いたカメラを自由に360度動かせたり、モニターに自分の顔を表示し、選手と会話を楽しめるなど、会場にいるかのように観戦できる。今後、スポーツだけではなく、音楽コンサートや劇場公演など、大小問わず、様々な会場で行われるエンターテインメントのイベントにおいて、2021年の実用化が見込まれている。

 両社は、無観客や観客制限を余儀なくされる中で、ファンにかけがえのない体験を提供するとともに、興行主のチケット収入の補填につなげていくことで、ファンも興行主もWin-Winのビジネス活用を可能にすると共に、新しいファンサービスのあり方を共創していく。

【関連記事】
電通、Global Esports Federationとパートナーシップ締結 eスポーツ推進目的に
プラスクラス・スポーツ・ インキュベーションの事業戦略参与に中村武彦氏が就任
【全部覚えてる?】#Twitterトレンド大賞2019が発表!元号・スポーツの話題が多数ランクイン
ソフトバンクとヤフー、「スポーツナビ」で高校スポーツのライブ動画を配信
ニールセン スポーツ、スポーツファンの行動と態度を可視化する新プラットフォームを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング