SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ラクスルとフラー、エム・データの3社、アプリ実利用データと番組・CMデータの相関効果をDB化

 ラクスルとフラー、エム・データの3社は、番組効果のデータベース活用において業務提携を開始した。

 ラクスルでは広告のプラットフォーム事業「ノバセル」にて企業のマーケティング支援を提供しており、フラーではモバイルアプリの実利用データ提供とアプリ分析サービス「App Ape」を運営している。また、エム・データはテレビで放送されたあらゆるジャンルの番組・CM内容をテキストデータ(TVメタデータ)化するデータプロバイダ&リサーチカンパニーとして事業を展開している。

 今回の提携では、アプリ実利用データとテレビ番組やテレビCMデータをかけあわせたデータの取得が可能になり、番組効果のデータベース化が実現する。

 具体的には、これまでノバセルがサポートをしていたデータに加え、App Apeが保有するアプリのインストール数、アクティブユーザーのデータと、エムデータが保有する放映日時、ジャンル、カテゴリー、出演者、独自にサマライズした放送内容情報など、テレビ番組やテレビCMのあらゆるデータを活用し、番組とアプリダウンロードの相関関係の可視化を可能にする。

 これにより、広告主にとってより効果の出る番組を把握することを可能にし、テレビCMの放映効果を最大化する。また今後は、自社のテレビCMの効果分析はもちろん、他社のテレビCMの効果分析結果も参考にしながらテレビCMの買い付けを可能にする仕組みを提供していく。

【関連記事】
ノバセルがオプト、ソウルドアウトとともにデジタル広告とテレビCMの統合プランニング支援へ
ラクスル、チラシを基に動画広告を作成する「ノバセルチラシAD」を提供 CMからネット広告配信まで対応
ラクスル、運用型のテレビCMを可能にするプラットフォーム「ノバセル」を提供 企画から分析まで一気通貫
アプリ分析ツールApp Ape、「ゲームアプリ課金率分析」を無償公開
テレビCM本数・時間とアプリグロースの関係を可視化 フラーとエム・データが共同調査を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング