SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

シーズ・リンクとGugenka、バーチャルキャラクターを活用した動画配信プロモーションの支援へ

 シーズ・リンクとGugenka(グゲンカ)は、動画配信を利用したプロモーションの強化を支援する、バーチャルキャルクターの活用サービスを発表した。

 シーズ・リンクは、DXクラウドツール「riclink(リクリンク)」を提供する企業。Gugenka(グゲンカ)はXRを起点としたプロモーションを得意とする企業だ。

 今回両社が開始したサービスは、セールス・採用・顧客対応・社内エンゲージメントなどの動画活用において、動画に登場する人の選定、視聴者が離脱しないコンテンツの企画といった課題を、バーチャルキャルクターの活用によって解決するもの。

 同サービスでは、バーチャルキャルクターの起用により、社員が退職・転職することでその社員が登場したコンテンツが使えなくなるリスクを回避でき、中長期的にコンテンツを使い続けることができる。また、動画上で社員が言葉にしにくいことや表現できないことについても、キャラクターによる発言や表現として動画上で実現することが可能になる。

【関連記事】
TikTokのBranded Effect、ロゴやキャラクターの活用がポイントに【TikTok調査】
クロシードデジタルとBUZZCAST、動画を活用したキャラクタープロデュース支援事業を開始
wwwaap、アーティストや企業キャラクターを企画・制作する「キャラクタープロデュース事業」を開始
宇治市、魅力発信のためにゲームアプリを制作 公家風のキャラクターが躍動するレトロ風アクションゲームに
no plan、バーチャルサイネージ広告サービス「hexad」において出稿企業の募集を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/07/31 17:45 https://markezine.jp/article/detail/33955

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング