SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マルエツなどを運営するU.S.M.Holdings、AIデジタルサイネージを活用した広告配信を開始

 ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U.S.M.Holdings)は、リアル店舗での、AIデジタルサイネージを活用した広告配信・マーケティングサービス「イグニカ(ignica)サイネージサービス」の本格運用を開始した。

 同サービスは、店舗サイネージをネットワーク化。商品情報、料理レシピ動画、生活情報など、売場状況に合わせ、サイネージごとに異なるコンテンツを配信する。また、AIカメラの活用により、サイネージごとの視聴人数、視聴時間、性別、年齢層などを計測。これらをデータ分析およびレポーティングすることで、効果的な広告配信と効果検証を実現する。

 サイネージは、クラウド上で配信コンテンツ管理やスケジュール設定を行える他、店舗やディスプレイごとに配信設定が可能。また、コンテンツは自社配信動画に加え、他企業のサイネージ広告も配信できる。

【関連記事】
ウェザーニューズ、荒天時の商品特需を予測するサービス開始  スーパーマーケット「いなげや」に導入へ
unerry、全国約4万8,000店舗のスーパー等の混雑推定を提供するカスタマイズ混雑マップを開始
360Channelが「VR展示会」のシステムを開発 全国スーパーマーケット協会主催イベントで提供
スーパーや百貨店への来訪者数、緊急事態宣⾔解除前と比べ10~40%増加【クロスロケーションズ調査】
ドラッグストアの1レシートあたりの購買金額が3%減。スーパーでは17%増【True Data調べ】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング