SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

コロナ禍でも契約数大幅増の理由とは?オープンハウスが語る“攻め”のマーケ戦略【9/1開催・参加無料】

 MarkeZineは、9月1日(火)~2日(水)にオンラインにて「MarkeZine Day 2020 Autumn」を開催します。

 1日の10時30分から行われるセッション「オープンハウスが語る、攻めのマーケティング戦略」には、オープンハウスの加藤勤之氏が登壇します。

 コロナ禍で経済の先行きが見えない中、マーケティング投資を削減している企業も多いのではないでしょうか。

 そんななか、新バージョンのテレビCMを放映するなど、積極的なプロモーションを展開し、業績を伸ばし続けていたのが、戸建ての仲介事業を手掛けるオープンハウスです。コロナ禍で一見厳しい状況に置かれているように見える不動産業ですが、働き方やライフスタイルの変化で生まれたニーズに寄り添うマーケティング戦略で、契約件数を伸ばし続けているといいます。

 本セッションでは、オープンハウスの“攻め”のマーケティング戦略とその成果、不測の事態においても素早く戦略を進めることができた、同社の組織体制について解説します。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2020 Autumn
登壇セッション:オープンハウスが語る、攻めのマーケティング戦略
スピーカー:
株式会社オープンハウス 社長室長 兼 総合推進本部長 兼 広報宣伝部長 兼 事業開発部長 加藤勤之氏
日時:2020年9月1日(火)10:30~11:00
会場:オンライン
参加費:無料(事前登録制)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/08/11 08:00 https://markezine.jp/article/detail/34023

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング