MarkeZine(マーケジン)

記事種別

マイクロアド、バズヴィルと業務提携 「BuzzAd」の日本での市場拡大を目指す

2020/09/08 07:30

 マイクロアドは、アプリマーケティングツール「BuzzAd」を展開するバズヴィルと業務提携した。

 Appleが開催するWordwide Developers Conference 2020にて、iOS14以降におけるIDFAのオプトイン化が発表された。今後、IDFAを活用したターゲティング型広告の配信が制限されることによって、アプリパブリッシャーの収益化への影響が懸念されている。

 これを受け両社は、バズヴィルのIDFAなどの広告識別子に依存しない収益化サービスである「BuzzAd」の日本市場における導入を拡大すべく、業務提携を締結。今後マイクロアドは「BuzzAd」の導入支援、販売を行う。

 バズヴィルが提供する「BuzzAd」は、各アプリ事業者が独自に提供するポイントサービスと連携し、スマホのホーム画面上とアプリ内にクリック型リワード広告を配信するサービスだ。

 アプリ事業者はバズヴィルが提供するSDKを実装するだけで、クリック型リワード広告を提供できる。また、ターゲティング型広告に代わる新たな収益源を確保することが可能だ。さらに、「BuzzAd」を導入したアプリに配信された広告に触れるたびにユーザーはポイントを獲得することができ、アプリのユーザーエンゲージメント向上・収益化サービスや、ポイント活用促進によるユーザーのロイヤルカスタマー化が期待できる。

【関連記事】
マイクロアドプラス、製造業やSaaSなどのBtoB企業に特化したデジタルマーケティングサービスを提供
プリンシプルの執行役員COOに元マイクロアドの佐々木誠氏が就任
マイクロアド子会社、Kaizen Platformと提携しスマホ特化型の動画広告配信サービス提供
マイクロアド、コロナ禍の健康意識の高まりに対応したターゲティング機能を提供
マイクロアドが金融メディア「ZUU online」と連携 金融商品関心層向けの広告配信サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5