SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CyberZ、元P&G音部大輔氏を顧問に迎え「D2Cブランド戦略室」を設立

 CyberZは、クー・マーケティング・カンパニーの代表取締役・音部大輔氏を顧問に迎え、「D2Cブランド戦略室」を設立した。

 近年、ブランドが消費者に対してプロダクトを直接的に販売する、D2C(Direct to Consumer)というビジネスモデルを採用する企業が数多く登場。スタートアップ企業から生まれたこのトレンドは、大手メーカーが取り入れるケースが増えていることに加え、新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛にともなうSNS、ECの利用時間増加の影響もあり、今後も拡大が見込まれている。

 今回新設されたD2Cブランド戦略室では、音部氏の長年のブランドマネジメント経験による知見や、「パーセプションフロー・モデル(※1)」を始めとしたフレームワークと、同社の専門分野であるデジタルマーケティングをかけ合わせ、D2Cブランドのマーケティングを支援。プロモーション領域に加え、ブランドが消費者に認知され、選ばれ続ける意味づくりまでを担う。

 音部氏は、日米P&Gで17年間ブランドマネジメントなどに従事した後、ダノンジャパン、ユニリーバ・ジャパン、日産自動車、資生堂などで勤務。マーケティング担当副社長やCMOとして、マーケティング組織を構築・指揮し、複数ブランドの持続的成長を実現してきた。

※1 音部氏によって考案されたマーケティング・マネジメント活動の全体設計図。消費者の購買行動プロセスを、「パーセプション(外部から得た情報をどのように解釈しているか)」として描き、効果的な顧客体験の創出に役立てることを可能にする。

【関連記事】
CyberZ、スマートキャンプとオトナルと共同でBtoBサービスのための広告パッケージを提供開始
CyberZ、タクシー広告の運用を支援する「Optimized Taxi ADパッケージ」提供開始
CyberZ、SaaS領域に特化したマーケティング組織を設立 新R25のスポンサードコンテンツを提供
CyberZ、クー・マーケティング・カンパニーの音部氏を顧問に、マーケター育成プロジェクトを開始
OOH×スマホ広告で認知拡大 CyberZ、「エリアジャック×TwitterIVS」を販売開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/09/07 12:15 https://markezine.jp/article/detail/34257

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング