SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Fin Tech領域の取り組みを強化 アクセストレードとインティメート・マージャ―のDMPが連携

 インタースペースは、同社が提供する成果報酬型インターネット広告のアフィリエイトサービス「アクセストレード」において、Fin Tech領域のクライアント企業との取り組みを強化していくことを目的として、データマーケティングカンパニーのインティメート・マージャーと業務提携した。

 今回の提携では、アクセストレードのFin Tech領域(クレジットカード・キャッシング・ローン・証券・FXなど)における、獲得したユーザーのアクティブ率の改善に向けた取り組みを強化するため、インティメート・マージャ―が提供するAIスコアリング機能を用いた「Performance DMP」との連携を行った。

 インティメート・マージャ―が実装したAIスコアリング機能は、同社と新生銀行の合弁会社であるクレジットスコアが独自開発したスコアリングモデルを使っている。

 この連携により、アクセストレードを利用するFin Tech領域のクライアント企業に対して、金融サービスの審査通過率が高いと推定されるユーザー獲得の推進や、リスクが想定されるユーザーを広告露出対象から除外するなど、様々なマーケティング支援が可能になる。

 これにより、事業者の審査コストの削減が見込まれるほか、LTVの高いユーザー獲得の促進にもつなげることができる。

【関連記事】
インタースペース、5G時代に向けて「アクセストレード」に動画クリエイティブ配信機能を追加
Zealsがインティメート・マージャーの提供する「IM-DMP」と連携 チャットコマースの強化へ
インティメート・マージャー、広告アカウントの自動最適化サービス「Data Driven RPA」提供
DACのDMP「AudienceOne」、ポストCookie時代に対応するデータ活用機能を強化
潜在顧客動向の分析によりリード獲得活動を効率化 SALES BASEがSelect DMPと連携開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/09/14 11:45 https://markezine.jp/article/detail/34314

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング