SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Wizの子会社、経営者層やビジネスパーソンをターゲットにしたデジタルサイネージメディアを提供

 Wizの子会社であるフォーカスチャネルは、経営者層やビジネスパーソンをターゲットにしたデジタルサイネージメディア「Biz Package(ビズ パッケージ)」をリリースした。

デジタルサイネージ イメージ
デジタルサイネージ イメージ

 2020年、新型コロナウイルスの影響により働き方の大きな変革を迎え、リモートワーク/テレワークとオフィスワークをベースとしたビジネススタイルが確立されつつある。同社はこれを受け、都心部を中心に190棟を超える高級マンション居住者と、大規模オフィスビル250棟余りで働くビジネスパーソンの生活動線上で同メディアを展開。日々の外出時や、帰宅・帰社時など、常にコンタクトすることでフリークエンシーを高め、マンションとオフィスにおける2つのデジタルサイネージのシナジーによりプロモーション効果を最大化する。

 各デジタルサイネージの内容は以下のとおり。

  • マンションサイネージ
    都心部の大規模マンション内にデジタルサイネージとチラシラックを設置。動画でインプレッション獲得、パンフレット・フライヤーで理解を促進する。
  • オフィスビルサイネージ
    エレベーター内外にデジタルサイネージやプロジェクションを設置し、コンテンツを配信する。

 配信はプロモーションの内容に応じて、15秒と30秒の配信パッケージが設定されている。

【関連記事】
マルエツなどを運営するU.S.M.Holdings、AIデジタルサイネージを活用した広告配信を開始
モビリティメディア「GROWTH」が東京メトロの13駅を中心にデジタルサイネージ配信面の連携を開始
デジタルガレージ、DOOH市場へ参入 美容サロンに特化したデジタルサイネージメディアを提供開始
no plan、バーチャルサイネージ広告サービス「hexad」において出稿企業の募集を開始
サイバーエージェント、店舗サイネージ配信プラットフォーム「ミライネージ」を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/09/15 11:20 https://markezine.jp/article/detail/34328

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング