SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トヨタと電通グループ、新会社を発足 マーケティング変革とモビリティビジネスの創造を目指す

 トヨタ自動車(以下、トヨタ)と電通グループは、トヨタの子会社であるデルフィスを傘下とする新体制発足と資本業務提携を発表。2021年1月をめどに、2つの事業会社と、2社を統括する持株会社で構成される新体制を発足する。

 新体制を構成する2社の事業会社のうち1社は、デルフィスの事業を基盤に、顧客から信頼されるブランドづくりに向けたコミュニケーション革新、マーケティング変革、モビリティ社会におけるビジネス創造などに取り組む。社名はデルフィスから変更する形だ。もう1社は、リテール領域のDXを推進。デジタルコミュニケーション分野の研究機関として、新たな仕組みとビジネスの創造に取り組む。また、これらの事業会社を持株会社が統括。マーケティング領域の変革に関する戦略的意思決定を行っていく。

 近年、ブログやSNSなどのソーシャルメディアの急速な普及により、情報発信の主体はマスメディアに加え、個人や企業など多岐にわたり、その手法も多様化が進んでいる。これまでトヨタは、トヨタイムズといったオウンドメディアを中心に取り組んできた。またCASE(コネクティッド、自動化、シェアリング、電動化)や、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)の発展を背景に新事業へ取り組んできたが、トヨタ単体ではビジネスモデルの変革が難しいことから、今回の動きにつながった。

【関連記事】
電通デジタル、NEW STANDARDと業務提携 ブランドの立ち上げ・再創造を支援するサービスを開始
電通、テレビスポット広告枠購入の新手法をサービス提供開始 広告効果の獲得効率を事前に確認
電通とグリッド、企業のビジョンやミッション、バリューを多角的に診断するサービスを提供
電通、エイベックス・テクノロジーズら4社、メディア・コンテンツ業界のDXを加速する企業連合に加入
電通、電通デジタルが「Dentsu Digital Transformation診断」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/09/17 13:40 https://markezine.jp/article/detail/34358

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング