MarkeZine(マーケジン)

記事種別

EC利用率が大きく増加したのは40代/最も伸びたアプリは「UNIQLO」【ジャストシステム調査】

2020/09/29 15:30

 ジャストシステムは、同社が運営するWebサイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」において、「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年8月度)」を実施。以下、一部内容を紹介する。

EC利用率が最も高まったのは40代

 8月にECで商品を購入した生活者の割合は56.9%で、2019年8月度調査(43.5%)と比べると、13.4ポイント増加。年代別に見てみると、10代は6.0ポイント、20代は19.0ポイント、30代は14.5ポイント、40代は22.0ポイント、50代は12.0ポイント、60代は3.5ポイントと、それぞれ増加した。いずれの年代もEC利用率が増加していたが、特に40代は大きく伸長していた。

ECアプリの勢力図に変化の兆し?

 EC利用経験者で、スマートフォンアプリからECを利用すると答えた生活者に、利用中のECアプリを挙げてもらったところ、「楽天市場」(71.5%)と答えた生活者が最も多く、次いで「Amazon」(68.0%)、「Yahoo!ショッピング」(46.9%)に。また、2019年8月度調査と比較して、最も利用率が伸びたのは「UNIQLO」(9.7ポイント増)、次いで「楽天市場」(7.4ポイント増)、「ZOZOTOWN」(3.2ポイント増)だった。

※いずれの質問も、複数回答あり。

商品購入への寄与は「メールマガジン」が断トツ

 EC利用経験者が、ECサイトやECアプリから新商品やキャンペーン情報を受け取っている方法は「メールマガジン」が最も多く(59.1%)、次いで「アプリのプッシュ通知」(24.9%)、「ダイレクトメール」「SNS」(ともに21.0%)に。また、最も商品購入につながっている方法は「メールマガジン」(44.7%)で、次いで「アプリのプッシュ通知」(11.1%)、「SNS」(10.8%)となった。

CtoCサービス利用経験者のうち、「メルカリ」利用率が半数超え

 CtoCサービス利用経験者に、現在利用中のサービスを聞いたところ、「メルカリ」を挙げた回答者が最も多く(51.8%)、次いで「ヤフオク!」(43.7%)、「ラクマ」(29.2%)という結果に(※)。2019年8月度調査と比べ、「メルカリ」の利用率は11.2ポイント、「ラクマ」は9.5ポイント上昇した一方、「ヤフオク!」は2.6ポイント減少した(※)。

タップで拡大
タップで拡大

 年代別に「メルカリ」の利用率を見てみると、10代は4.2ポイント、20代は6.5ポイント、30代は7.8ポイント、40代は7.6ポイント、50代は17.6ポイント、60代は14.7ポイントと、それぞれ増加。50代、60代の利用率が10ポイント以上伸長し、特に50代の伸びが顕著だった。

※複数回答あり。

【調査概要】
調査主体:ジャストシステム
調査期間:2020年8月17~21日
調査対象:17歳~69歳の男女1,100名

【関連記事】
マイクロアド台湾、越境ECなど台湾進出支援を強化 女性向けメディア「Japaholic」の運営を開始
イー・エージェンシーと情報工房が業務提携でCRM/MAツール「DirectEngine」を提供
CCI、EC販売戦略を一気通貫で支援する「Commerce container」を提供開始
サイバーリンク、動画広告を3ステップで作成する「PowerDirector 365 ビジネス」を発表
ヤプリ、Tangerineと連携 店舗とECを横断したコミュニケーション設計が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5