SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アイレップ、博報堂アイ・スタジオと「SEOとWeb制作 らくらくおまとめパック」を提供開始

 アイレップは博報堂アイ・スタジオと提携し、Web制作からSEO、Webサイト公開後の継続的な改善まで一貫して提供する「SEOとWeb制作 らくらくおまとめパック」の提供を開始した。

 近年、インターネット検索エンジン各社は、自然検索順位を決定する際に検索利用者のWeb体験を重視するようになった。その結果、企業が自然検索による集客を推進するためには、キーワードやコンテンツといった要素を随時追加するだけではなく、Webサイトの情報設計やユーザーインターフェースの改善など、Webサイト全体のUXを考えた大がかりな改善施策も必要になっている。

 しかし、SEO施策を担当する会社とWeb制作会社を個別に契約している場合、両社との調整やSEO施策の共有など、施策コストが二重に発生することがある。

 そこで同サービスは、SEOに関する豊富な知見と実績を持つアイレップと、デジタル領域のクリエイティブプロダクションである博報堂アイ・スタジオが連携。Web制作のサイトコンセプトやUX/UIの設計から技術的なSEO要件の実装、Webサイト公開後の継続的な改善までを一貫して提供していく。企業は、SEO要件を十二分に満たしたWebサイト制作の依頼を、ひとつの窓口から行うことが可能だ。

 また同サービスは、Webサイト公開後も検索エンジン掲載状況などを常時監視しつつ、UX/UIやSEO周辺の改善を行うためのPDCAを回すことにより、検索アルゴリズムの傾向も考慮した運用ができる。

【関連記事】
アイレップと日本トータルテレマーケティング、ECを中心とした顧客対応のための「CXスタジオ」発足
アイレップ、Facebookショップに対応した「ソーシャルコマースワンストップサービス」を提供
アイレップのTEAM JAZZとGOが事業提携 統合マーケと社会視点のクリエイティブ開発を強化
地域のコンテンツマーケを支援!DAC、博報堂DYMP、博報堂アイ・スタジオがマガジンハウスと連携
DACと博報堂アイ・スタジオのコンテンツマーケ支援チームに博報堂DYメディアパートナーズが参画

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング