SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

余暇時間はスマホゲームがトップ/ほぼ毎日プレイは10~30代で5割超【クロス・マーケティング調査】

 クロス・マーケティングは、「スマホアプリゲームに関する調査」を公開。以下、一部内容を紹介する。

「ほぼ毎日スマホゲームをプレイする」割合 男性では13~15歳、女性では35~39歳が最多

タップで拡大
タップで拡大

 10~30代では、半数以上がスマホアプリのゲームを「ほぼ毎日」プレイ。まったくプレイしない回答者は、2割に留まった(図1)。性年代別に見ると、男性では13~15歳、女性では35~39歳が最も「ほぼ毎日」ゲームをプレイする割合が高かった(図2)。

余暇時間の使い方は男女共にスマホゲームがトップ

タップで拡大
タップで拡大

 1ヵ月以内にゲームをインストールした回答者を対象に、直近1ヵ月間の余暇時間(在宅中や移動中、暇な時間など)の行動について聴取したところ、スマホゲームが選択肢の中で最も高い結果に。性年代別に見ると、「スマホゲーム」は男性16~19歳で特にプレイされている一方、女性16~19歳では「SNS・音楽」の割合がゲームと同程度になった。

 選択肢平均回答個数を見ると、女性は多くの選択肢を選んでおり、様々な時間の使い方をしていることが伺える。また、女性同年代と比較して男性13~15歳では余暇時間に「SNSを見る」割合が低く、男性はSNSを始める年齢が遅いと推察される(図3)。

【調査概要】
調査主体: クロス・マーケティング
調査手法: LINEリサーチ プラットフォームによる
調査地域: 一都三県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)
調査対象:普段スマホアプリのゲームをすることがある、かつ直近1ヵ月以内にスマホアプリゲームのインストールした13〜39歳の男女
調査期間: 2020年8月31日~9月1日
有効回答数 :スクリーニング8,237サンプルより1,100サンプル 

【関連記事】
飲食店の倒産、20年度上半期で392件発生、上半期では過去最多に【帝国データバンク調査】
レジ袋の購入率が最も高い時間帯は0~3時/最も低いのは9~12時【楽天調査】
BtoB製造業の77%がコロナ禍で業績悪化 注力したのは商談のオンライン化やメール/マーケライズ調査
女性が今後挑戦したい趣味は「ヨガ」や「資格取得」/一方、挑戦しづらい趣味は?【トレンダーズ調査】
2020年のソーシャルメディアマーケティング市場は5,444億円に/サイバー・バズとDIFが共同調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング