SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ジーニー、ビジネスサーチテクノロジを完全子会社化 検索エンジンサービスによりSaaSの機能を強化

 ジーニーは、ビジネスサーチテクノロジの株式を取得する株式譲渡契約を締結し、完全子会社化した。これによりジーニーグループは、サイト内検索サービス及びの周辺領域において事業を展開していく。

 ビジネスサーチテクノロジは、高速・高精度検索技術を基にした検索エンジンサービスを15年以上展開。主に企業のWebサイトやECサイト向けにSaaS型サービスを提供している。

ビジネスサーチテクノロジについて

 同社は、⾼速・⾼精度検索を実現するサイト内検索ASP/SaaS 「probo(プロボ)」、JavaScriptタグの設置とCSSなどによるデザイン調整だけでより手軽にサイト内検索を導入できる「ポップリンク」などを提供し、サイト訪問時のユーザー体験の向上、企業のマーケティング活動・サイト運営サポートを行っている。

 一方ジーニーは、「テクノロジーで新しい価値を創造し、クライアントの成功を共に創る」をミッションに掲げ、創業当初よりアドテクノロジー領域において多くのプロダクトを自社開発・提供してきた。近年はマーケティングテクノロジーカンパニーとして事業領域を拡大し、成長を続けている。

ジーニーのサービスについて
ジーニーについて

 また同社は、「アド・プラットフォーム事業」「マーケティングソリューション事業」「海外事業」の3つの事業を展開している。ビジネスサーチテクノロジの検索エンジンサービスを迎え入れることで、SaaSプロダクトの強化・「GenieeSSP」の既存顧客への検索エンジンサービス提供など、ジーニーグループの成長が促進されると見込み、完全子会社化に至った。

【関連記事】
ジーニー、ヒットとDOOHプラットフォーム「HIT-DSP」を開始 入稿などの手続きをオンライン化
ジーニーのチャットボット「Chamo」がリニューアル 顧客データの蓄積、直感的なシナリオ作成が可能に
ジーニーとヒット、東京・大阪の大型屋外ビジョンでの広告放映を1日10万円以下で提供
ヒットとジーニーが業務提携 大型屋外ビジョンへのプログラマティックOOH広告を配信開始
ジーニー、データ活用支援サービス開始 データ収集・整理サポートに加えてAIによる分析やBI活用も支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング