SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Sansanのオンライン名刺、Microsoft Teamsと連携 Teams上で名刺交換が可能に

 Sansanは、同社が提供する法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」のオンライン名刺機能がMicrosoft Teams(以下、Teams)と機能連携した。

 これによりTeamsユーザーは、同サービスのカレンダー機能からSansanのオンライン名刺を送信することができるようになり、オンライン商談やミーティングの前に、手軽にオンライン名刺交換を行える。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止措置として、企業はリモートワーク導入をはじめとした働き方改革や、イベントやセミナーのオンライン開催への移行を迫られている。今回、社内外とのコラボレーションに強みを持つTeamsと、オンライン上で誰とでも名刺交換がシームレスにできるSansanのオンライン名刺が連携することにより、多くのビジネスパーソンが、これまでと変わらない働き方が実現できると考え、機能連携に至った。

 Teams ユーザーは、Teamsのカレンダー上から、社外とのミーティング予定を抽出することで、オンライン名刺を送信していない相手や、一度オンライン名刺を送ったものの参加者が変更され、再送の必要がある相手を見つけることが可能になる。

機能画面(1):社外との予定を抽出
機能画面①:社外との予定を抽出

 社外出席者を選択し、自分および同僚のオンライン名刺を送信できる。その際に、オンライン名刺を設定していない同僚にはリマインドの連絡ができ、オンライン名刺送信企業が複数いる場合でも、同時に送ることが可能だ。

機能画面(2):オンライン名刺の送信相手の選定
機能画面②:オンライン名刺の送信相手の選定

 オンライン名刺は、SansanのメールアドレスよりEメール形式で送信相手のメールアドレスに届く。

機能画面(3):オンライン名刺送信画面

機能画面③:オンライン名刺送信画面

【関連記事】
Sansan、法人向けセミナー管理システム「Sansan Seminar Manager」リリース 
Sansan、イベントテック事業を本格展開~BtoB企業のカンファレンス開催を全方位的に支援
Sansan、オンライン名刺活用でイベント等の情報入力を効率化する「Smart Entry」を提供
Sansan、書き起こしメディアのログミーを子会社化
クラウド名刺管理サービス「Sansan」と 「HubSpot CRM」が機能連携を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング