SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

世界のCMO45%が、コロナ禍のCX戦略として新製品やサービスへ投資【電通アイソバー調査】

 電通アイソバーは、世界のCMO約1,350人を対象に、コロナ禍におけるCXについての調査「CX Survey 2020 ウィズ・コロナ時代のクリエイティブ・エクスペリエンスとは」を発表。以下、一部内容を紹介する。

CMOの5人に1人がCX戦略を変更

 CMOの64%がコロナの影響により、CX戦略を「完全にあるいはある程度」変更。5人に1人がアプローチを転換していることがわかった。また、CX戦略を変更したCMOの中で、「革新的な新製品やサービスへの投資」を行ったのは、CMO全体のうち45%、大企業のCMOにおいては49%という結果だった。

 そのほかの調査結果は、以下の通り。

  • CMOの5人に1人以上がイノベーションとインベンションを改めて重視している。
  • CMOの39%がDTCアプローチを採用している。
  • CMOの58%がテクノロジーの革新的な使用、50%が斬新な組織改革のアイデアが鍵と考えている。
  • CMOの63%がパーソナライゼーションの重要性に同意している。
  • CMOの36%が最も使用している最新技術にAIを挙げている。
  • CMOの28%がVR、27%がARを採用している。

【調査概要】
調査主体:電通アイソバー
調査期間:2020年5〜6月
調査方法: オンライン調査
調査対象:世界12カ国のCMO 1,361人

【関連記事】
電通アイソバー、オン・オフ問わずに購買体験を最適化するヘッドレスソリューションKirimoriを提供
電通アイソバー、ヘルスケア業界に患者視点のソリューションを生み出す「HACS(ハックス)」を提供開始
電通アイソバー、TONARIWAとAdobe Campaign Standardの連携を開始
電通アイソバー、LINEソリューション「TONARIWA」と「アクイア マウティック」の連携を開始
電通アイソバー、CMS「Drupal」などを提供する米Acquiaと提携 コンサル~運用を一括で支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/10/29 17:25 https://markezine.jp/article/detail/34724

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング