SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アイレップ、ユナイテッドと提携 戦略からマーケティング実行まで包括的なサービスを行い企業のDXを支援

 アイレップは、ユナイテッドと業務提携を開始した。同業務提携により、企業課題に対して、経営戦略から施策策定・実行まで一気通貫した支援の提供が可能となる。

 主な支援内容は、DXを軸とした経営戦略の立案並びにロードマップ策定、事業計画の立案、事業遂行にともない必要となるアプリやシステムの開発だ。加えて、デジタルリソースを有効的に活用したリード顧客の獲得と育成、案件化・商談化、受注・納品、顧客調査をもとにした改善サイクル体制の構築などを網羅的に提供し、クライアント企業を支援していく。

 現在、日本企業の社内システムは複雑化・ブラックボックス化しており、さらにIT化の停滞ゆえに、データを有効活用できていない状況にありDXの推進は必要不可欠となっている。

 しかし、DXの推進を始めようとしたものの、目的が明確にならない、論点が定まらない、何から着手すればよいのかが不鮮明といった課題が存在している。また、DX推進によって可視化された顧客情報や市場統計などを、マーケティング施策に活用できないという課題を抱える企業もある。

 このような日本企業の状況を鑑みて、アイレップの保有するBtoBマーケティングノウハウとユナイテッドのもつDXを軸とした戦略アドバイザリーの知見・アプリ企画開発の経験を掛け合わせ、上記の企業課題解決に取り組むため両社は業務提携に至った。

【関連記事】
アイレップとセレブリックス、BtoBマーケティング・営業代行業務のワンストップ支援サービスを提供
アイレップ、博報堂アイ・スタジオと「SEOとWeb制作 らくらくおまとめパック」を提供開始
アイレップと日本トータルテレマーケティング、ECを中心とした顧客対応のための「CXスタジオ」発足
ユナイテッド、ブリューアス・フラーと業務提携 アプリ開発・データ分析・運用改善のDX支援を強化
デジタル広告を集めて特典を獲得!博報堂、ユナイテッドおよび中国企業と共同で新たなプロモサービスを開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング