SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineピックアップ(PR)

やらない理由ナシ!1年間固定費0円!Shopifyショップの集客が簡単手間なく<1/31申込まで>

 Shopifyでネットショップを始め、そろそろ集客に本腰を入れたい人に朗報だ。インストール後3ステップ、タグの設置作業なしで成果報酬型広告の出稿が手軽に実施できるShopifyアプリ「アフィリエイト連携(Affiliate Integrate)」に、大手アフィリエイトサービスプロバイダー(以下、ASP)のバリューコマースが連携。初期設定費が0円、月額基本プラン費もなんと1年間0円の「完全成果報酬型」で始められ、かつ、D2Cや中小規模のネットショップの成果につながりやすい仕組みもあると言う。今回の取り組みにかかわる、バリューコマースのふたりに話を聞いた。

Shopifyネットショップのアフィリエイト広告、今が始め時なワケ

 コロナ禍でネット販売を始めた、という人も少なくないだろう。サイトをオープンして運営が回り始めたら、次に取り組むべきは「集客」だ。こだわりの商品を並べても、サイトにお客様が来なければ売上は伸びていかない。InstagramやTwitter等のSNSはもちろんのこと、継続的に売上をアップしていくには、ある程度お金をかけてネット広告にも挑戦したいところだ。

 毎月ECカートにお金を支払っているのに、これ以上お金はかけられない。そんな声が聞こえてきそうだが、それならまず「アフィリエイト広告」から検討してみてはどうだろう。商品が売れる等の成果が出てはじめて費用を支払う仕組みの「成果報酬型広告」である。ネット販売の集客手法としてはよく知られた鉄板施策でもあり、成果報酬型であることから広告初心者でもチャレンジしやすい。ASPと契約することで、ASPが提携する何十万というメディアへの出稿が可能になるのもアフィリエイト広告の特徴だ。

 アフィリエイト広告を始めるにあたっては、ECサイトに開発(タグの設置)作業を行う必要があり、取り組みたいのにできないネットショップも少なくなかった。だが、今注目のECカートシステム「Shopify」では、専用アプリをインストールすることで解決する。日本では2020年8月に、ハックルベリー社が開発したShopifyアプリ「アフィリエイト連携(Affiliate Integrate)」が登場。アプリインストール後3ステップ、タグの設置作業なしでShopifyを利用するネットショップが簡単にアフィリエイト広告を始められるようになったのだ。

バリューコマース株式会社 アフィリエイト本部 福田歩未さん

 アプリリリース時から、大手ASPのバリューコマースが連携。バリューコマースでShopify関連のプロジェクトでリーダーを務める福田歩未さんは、Shopifyアプリ「アフィリエイト連携(Affiliate Integrate)」のリリースについてこう語る。

 「ハックルベリー様に開発していただいたShopifyアプリ『アフィリエイト連携(Affiliate Integrate)』で導入のハードルであったタグの設置作業がなくなり、手軽にアフィリエイトがスタートできるようになりました。タグの設置作業については、Shopifyを使用しているネットショップ様にとっても、またバリューコマースとしても課題であったため、非常にありがたいことです」

 さらにバリューコマースでは、成果報酬型ディスプレイ広告運用サービスを契約したショップ限定で、2021年1月31日まで、アフィリエイト広告を出稿するシステムの初期設定費が0円、月額基本プラン費が1年間0円になるキャンペーンを実施している。アフィリエイト広告はもちろん、ネット広告そのものがはじめての人にも挑戦しやすい環境が整った。

 バリューコマースでは成果報酬型という仕組み上、初期設定費や月額基本プラン費を無料にするキャンペーンを行うのは稀だと言う。今回特別に実施する理由を、バリューコマースでアフィリエイト本部長を務める伊藤孝司さんは次のように語った。

 「バリューコマースでは、大手小売事業者様を中心に多数の支援実績がありますが、D2Cブランドや個人でネットショップを運営する方たちへのご支援も積極的に行っていきたいと考え、今回の取り組みとなりました。初期設定費が0円、月額基本プラン費が1年間0円になるキャンペーンは、手前味噌ながらやらない理由が見つからないと言っていいほどお得です。手続きについても、Shopifyアプリ『アフィリエイト連携(Affiliate Integrate)』のインストールからわずか3ステップでアフィリエイト広告を始めることができます。ぜひ、アフィリエイト広告を始めるきっかけにしていただければと思います」

バリューコマース株式会社 執行役員 アフィリエイト本部長 伊藤孝司さん

 なお、iOSで起動するブラウザに搭載されているトラッキング防止機能(ITP)への対策についても、Shopifyアプリ「アフィリエイト連携(Affiliate Integrate)」では対応済み(2020年12月現時点)で、ショップ側で複雑な設定を行う必要がないのも大きなメリットだ。

テクノロジーで中小ECの広告も表示されやすい仕組みを実現

 システムの初期設定費が0円、月額基本プラン費が1年間0円となるキャンペーンの対象である、成果報酬型ディスプレイ広告運用サービスについて詳しく見ていこう。メディアに直接広告を掲載するのではなく、アドサーバーを経由した第三者配信により、バナー、テキスト等のディスプレイ広告が「成果報酬型」で出稿できるのだが、これは『Performance DMP』を提供するインティメート・マージャーとバリューコマースの連携によって実現している。

 「アフィリエイト広告では、広告を掲載するメディアやアフィリエイターさんに対し報酬をお支払いします。メディアは認知度が高い商品や、売れるものを取り上げる傾向にあるため、D2Cブランドや中小規模のネットショップ様の商品は取り上げられにくいという課題がありました。この課題を解決すべく、インティメート・マージャーと連携を行いました。テクノロジーによって、その商品を買いたいと思う人に広告が表示されやすくなるため成果が出やすくなり、結果的に中小ネットショップ様の広告も表示されやすくなります。アフィリエイト広告を始めてみたものの、なかなか成果に結び付かずあきらめてしまった経験のあるショップ様にも、再度チャンレンジいただくきっかけになるのではと思います」(福田さん)

 これは、一度サイトを訪れた消費者に対し別サイトを見た際に広告を表示して追いかける、通称「リタゲ広告」の仕組みだ。一度ネットショップを訪れたものの購入せず、後日、広告でその商品を見て思い出して購入したという経験がある人も少なくないだろう。バリューコマースでは、今後もさらなる連携を準備中とのこと。アフィリエイト広告のイメージである「アフィリエイターさんに記事を書いてもらう」だけにとどまらない、さまざまな広告を手軽に利用できるようになる予定だ。

物販に強く、ブランドを大切にするASPの選択を

 Shopifyアプリ「アフィリエイト連携(Affiliate Integrate)」と、日本国内アフィリエイトプログラムとして初めて連携したバリューコマース。同社は、いくつかあるASPの中でも「物販」ジャンルの実績が豊富であり、物販を行う事業者が成果を出しやすい環境を整えている。

 「アフィリエイト広告は、ネットショップだけでなく金融や人材紹介等、さまざまジャンルでも用いられています。バリューコマースでも、さまざまなジャンルの企業様にご利用いただいていますが、物販のジャンルにも力を入れ、国内初のASPとして蓄積してきた豊富なデータとノウハウを駆使し、規模を拡大してきました。価格.com、LINEショッピング、永久不滅ポイントサイトなど、物販に適した質の高いメディアを含め、延べ85万超のアフィリエイトサイトでメディアネットワークを構成しています」(伊藤さん)

 ブランドを重視するD2C事業者なら、不適切な運営が行われているサイトに広告が掲載されるという、ブランド毀損も防ぎたいところだろう。また昨今は、不正クリックなどで不正なアフィリエイト報酬を得ようとする詐欺も発生している。前者をブランドセーフティ、後者をアドフラウドと呼ぶが、バリューコマースでは国内ASPとしていち早く対応し、同社のアフィリエイトプログラムを利用するだけで対策が施されるようになっている。

多額の広告費がかけられなくともショップと消費者が出会いやすく

 世界175ヵ国で100万以上のネットショップが運営されている、カナダ発のECカートシステム「Shopify」。デザイン性の高さやショップ開設の容易さ、将来的な拡張性の高さなどから、日本でも続々とShopifyを利用したネットショップが誕生している。

 2020年、EC市場が盛り上がった背景にはコロナ禍による需要が大きいが、気に入ったSNSアカウントをフォローして情報を得て、自分の趣味嗜好にあったモノで生活を彩りたいという消費行動の変化も一因だろう。そうした消費者のニーズに応える感度の高いD2Cブランドや個人運営のネットショップは、ECカートシステムにShopifyを選ぶ傾向がある。

 バリューコマースでは、広告初心者でもチャレンジしやすい仕組みと、進化した広告テクノロジーを積極的に活用した成果報酬型広告「アフィリエイト」により、多額の広告費がかけられなくとも、こだわりを持つネットショップと趣味嗜好が合う消費者がより出会いやすくなるように支援していく考えだ。

 「中小ネットショップ様の商品が掲載されにくいという従来の課題に対し、成果報酬型ディスプレイ広告運用サービスとの連携で解決に務めています。さらに今回、こちらをご利用いただく際には、初期設定費が0円、月額基本プラン費が1年間0円になるキャンペーンを行うことで、最初の一歩を踏み出しやすいようご支援させていただきました。今後も、さまざまなメディアに広告が掲載できるよう、ハックルベリー様と連携を進めています。ぜひこの機会にアフィリエイト広告をお使いいただき、提携するアフィリエイトサイトを増やしていくことで継続的な集客を実現し、安定したネットショップ運営にお役立ていただければと思います」(福田さん)

[期間限定キャンペーン]2021年1月31日まで初期設定費0円、月額基本プラン費1年間0円

Shopifyアプリ「アフィリエイト連携(Affiliate Integrate)」のASPとしてバリューコマースを選択し、成果報酬型ディスプレイ広告運用サービス『Performance DMP』を利用すると、バリューコマースのシステム利用に伴う初期設定費が0円、月額基本プラン費が1年間0円になるキャンペーンを実施中! 詳細・お申込みはこちら

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/10 11:00 https://markezine.jp/article/detail/34878