SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2020年、売れたものランキング:上位は衛生用品、その他「鬼滅の刃」関連が躍進/インテージ調査

 インテージは、「2020年、今年売れたものランキング」を発表。以下、一部内容を紹介する。

マスクの販売金額が前年比で425%に

 1位はマスクで、販売金額は前年比425%に。例年、インフルエンザ予防や花粉症対策として一定の需要があり、ここ10年ほど市場拡大が続いていたが、コロナ禍により販売金額は大きく伸びた。2位は殺菌消毒剤で302%。傷口の消毒などを除いた手指消毒剤に限定すると、さらに数字は跳ね上がり、販売金額は前年比910%となった。公共施設やレストラン、スーパーなどの入り口に置かれるようになった手指消毒剤。個人で持ち歩く生活者も増えているようだ。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

 昨年1位のデザートドリンクの販売金額の前年比は131%、一昨年1位のサバ缶は151%だったことを考えると、これらのカテゴリーが、いかに急激な伸びだったかがわかる。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

なぜ6位に「玩具メーカー菓子」がランクイン?

 コロナ関連のカテゴリーが上位に並ぶ中、異彩を放ったのが6位・玩具メーカー菓子(玩具メーカーのおもちゃ付きの菓子)。国民的ヒット作品・「鬼滅の刃」関連の商品を中心に、大幅に販売金額を増やした(販売金額前年比:153%)。8位のプロテイン粉末は、女性を中心に購入者が大きく増加。特に、大豆が主原料のソイプロテインが伸長した。コロナ禍で外出や運動の機会などが減り、美容と健康を気にした層からの支持が大きかったようだ。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

巣ごもり消費の影響は食品類にも

 30位までには食品が多数ランクイン。9位の冷凍水産は、家庭で手軽に魚貝類を味わえること、主食との相性がいいこと、長期の保存がきくことから人気を得た。また、保存期間が長い食品として、冷凍農産(24位)、フルーツ缶詰(28位)、畜肉缶詰(30位)などもランクイン。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

 外出自粛期間中に家でスイーツづくりをする生活者が増加したことにより、ホットケーキやクッキーなどの材料となるプレミックス(10位)や、ホイップクリーム(12位)、エッセンス類(15位)、蜂蜜(18位)などもランキング入り。主食類では、パスタやインスタント麺が販売額を伸ばした。

【関連記事】
コロナ禍の年末年始、「出かけず家で過ごす」が6割超え 感染者急増を背景に/クロス・マーケティング調査
60代の約6割がSNS利用 高齢層のスマホ行動がコロナ禍で多様化/博報堂DYメディアパートナーズ調査
有料オンラインライブ、「視聴経験あり」は18% リアルへの集客効果も?/クロス・マーケティング調査
オンライン購入で直販を選ぶ理由、「アフターサービスに期待している」が多数/ネオマーケティング調査
外食等の外出を伴う消費に回復の兆しも衣類、アクセサリー、化粧品は依然低迷/クロス・マーケティング調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/07 13:00 https://markezine.jp/article/detail/35049

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング