SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ログリー、Cookieに依存しない新型配信ロジック「インテントキーワードターゲティング」を発表

 ログリーは、Cookieに依存しない独自のコンテキスト解析技術を応用した新型配信ロジック「インテントキーワードターゲティング」を開発し、ネイティブ広告プラットフォーム「LOGLY lift」に搭載した。

キーワード配信のイメージ
キーワード配信のイメージ

 同機能はコンテキスト解析技術を応用したもので、コンテンツ文脈から特徴的なキーワードを抽出し、キーワード単位でコンテキストターゲティングができる。ユーザーが当該キーワードに興味を持った瞬間に広告を掲載できるため、コンテンツからの自然な流入を促すことが可能となる。

 

管理画面の設定画面
管理画面の設定画面

 近年、GDPR(General Data Protection Regulation)やITP(Intelligent Tracking Prevention)などユーザーのプライバシー保護に関わる法律や仕組みが整備されるなか、同社は「嫌われない広告」を実現すべくユーザーのプライバシーを考慮した広告配信技術の特許を取得してきた。

 特にCookieの制限に関してはユーザーターゲティングに与える影響が大きく、既存のアドネットワークではユーザーの行動履歴などに基づいた広告配信が今後難しくなることが想定されている。今回の配信ロジックでは広告の配信先をあらかじめキーワード指定できるため、Cookieに依存することなくアプローチしたいユーザーに広告を配信可能だ。

 また同社がネットワークしている豊富なジャンルの約500媒体を対象としているため、これまでリスティング広告などではリーチできなかったユーザー層へのアプローチも期待される。

【関連記事】
ログリーとヒトクセ、Cookieを使用しない広告配信技術の確立に向け協業を開始
ログリー、グライダーアソシエイツ社とネイティブ広告領域において事業提携
ログリー、Cookieを使用せずにユーザー属性を推定する広告配信最適化エンジンを開発
ログリー、DACのDMP「AudienceOne」との連携を開始
ログリー、広告審査サポートツール「AD Checker」を提供 ページ上からシームレスに操作可能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/08 17:30 https://markezine.jp/article/detail/35055

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング