SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2020年日本のネットサービス利用者数/利用時間ランキング、動画やQR決済が上昇【ニールセン調査】

 ニールセン デジタルは、「ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)」、スマートフォン視聴率情報「ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen Mobile NetView) 」のデータをもとに、2020年の日本におけるトータルデジタルとスマートフォンでのインターネットサービス利用ランキング、「Tops of 2020: Digital in Japan」を発表した。

COVID-19の影響で動画サービスの利用が加速

 これまでも継続して利用者数を増やしてきた動画サービスは、不要不急の外出自粛により自宅で過ごす時間が増えたことで利用が加速した。スマートフォンアプリのリーチTOP 10サービスに着目すると、「YouTube」は2位で65%となり、昨年よりも4ポイント増加(図表1)。さらに、スマートフォンアプリの利用時間シェアTOP10では、「YouTube」は2位で7%となり、昨年よりも2ポイント増加している(図表2)。

QRコード決済サービスがランクイン

 またCOVID-19による消費者の生活の大きな変化は、オンラインショッピングでの日用品の購入や、オンライン会議システムの利用といったサービスの利用も促した。

 PCとモバイルの重複を除いたトータルデジタルのリーチTOP 10サービスに着目すると、感染症対策として非接触型決済が注目されたことによってQRコード決済サービスの利用者数が大幅に拡大し、近年あまり顔ぶれの変化のなかったTOP10サービスにランクインするまでに成長した。

 QRコード決済サービスの「PayPay」は10位で27%となり、昨年よりも11ポイント増加(図表3)。QRコード決済事業者の中には、実店舗での決済サービスの提供に加え、同じ企業グループ内でオンラインショッピングサイトやフリマサービスを運営することで、オフラインとオンラインの両面の購買行動を支援している企業もある。

【関連記事】
オンライン購買に不満を感じる生活者が増加 配送時間が要因か【ニールセン調査】
2020年、販売苦戦したランキング:化粧品の5カテゴリーが10位までにランクイン【インテージ調査】
Tポイント物価指数、2ヵ月連続上昇 上昇率が最も高かったのは60~79歳・男性/CCCグループ調査
企業情報サイトランキング2020、ユーザー評価1位は2年連続サントリー【トライベック調査】
高額商品の紹介が約2割に InstagramのインフルエンサーPRの実態【スナップレイス調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/15 13:30 https://markezine.jp/article/detail/35122

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング