SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、2020年度上半期は約1億1千万件の広告素材を非承認に/広告サービス品質に関するレポート

 ヤフーは、広告サービス品質向上のための審査実績をまとめた「広告サービス品質に関する透明性レポート」公開。2020年度上半期は約1億1,000万件(※)の広告素材を、同社が定めた基準に抵触する素材として非承認にした。

(タップで拡大)

(タップで拡大)

※Yahoo! JAPAN広告掲載基準や広告入稿規定、広告販売ルールに抵触した広告のタイトルや説明文、画像、リンク先のウェブサイト、キーワードなどの各非承認数を合計した件数。

非承認となった広告素材で最も多かったのは?

 2020年度上半期は、画像や動画の広告素材において、体型や毛髪をはじめ人のコンプレックス部分を強調するなど「ユーザーに不快感を与えるような表現」の非承認数が目立った。また、「最上級表示、No.1表示」や「薬用化粧品(医薬部外品)、化粧品」の基準に抵触する広告素材数も多く見られた。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

 同社は従来よりこれらの広告出稿を禁止していたが、該当する広告入稿が目立つため、8月27日に改めて掲載禁止表現を明記。広告掲載基準が遵守されているか、日々審査を実施している。

【関連記事】
ヤフーのビッグデータと自社データを組み合わせて分析・活用できる「DS.API」が提供開始
ヤフー、アドフラウド排除とブランドセーフティ制御を強化する「リアルタイム不正解析機能」を導入
ヤフー、広告サービス品質に関するレポートを公開/2019年度は約2億3千万件の広告素材を非承認に
ヤフー・データソリューション、DS.INSIGHTに新機能 特定キーワード検索前後の傾向を調査可能に
ヤフー、顧客データの保護を担う「データ・プロテクション・オフィサー」を新設

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/16 09:40 https://markezine.jp/article/detail/35131

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング