SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Cuenote SMS、発信元番号の使い分けに対応 複数部門におけるSMSの活用・管理が容易に

 ユミルリンクは、同社が展開するSMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」において、同一契約内で複数の発信元番号の使い分けが可能となる新バージョンの提供を開始した。

 Cuenote SMSは、国内キャリア(docomo、au、SoftBank、楽天モバイル)との直接接続による正規ルートでSMS配信を行えるクラウド(SaaS)サービス。

 今回Cuenote SMSに追加された「SMS発信元番号の使い分け」では、事業部や拠点ごとに異なる発信元番号でSMSを送り、送信実績を事業部や拠点ごとに簡単に一元管理することや、クラウドサービス事業者が利用企業ごとに異なる送信元番号でSMSを送信し、実績データを一元管理することが可能になる。

 具体的には、同一契約内で、ワークエリアという作業領域単位ごとに発信元番号を設定でき、事業部や拠点ごとに異なる発信元番号でSMSを送ることが可能に。また、ワークエリア単位(発信元番号単位)で、SMSの配信数を確認したり、CSVファイルでデータを取得したりできるため、管理者が配信実績を一元管理しやすくなる。

【関連記事】
SalesforceにLINE・SMSを連携する「PHONE APPLI LINER」の提供を開始
エンバーポイント、「MailPublisher」にSMS配信を可能にするサービスを追加
KDDI、+メッセージ配信サービス「KDDI Message Cast」提供 SMSへ自動変換も可能
ユミルリンク、メール配信システム「Cuenote FC」にWebトラッキング機能を追加
ユミルリンク、メール配信システム「Cuenote FC」にシナリオ配信機能を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング