SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』

Alibabaのフィンテック「Ant Group」が示す中国デジタル通貨が世界をリードする足音

 米国やグローバルにおける広告・マーケティング業界の最新情報をまとめたデジタルインテリジェンス発行の『DI. MAD MAN Report』。そのカットアップ版をお届けする本連載。今回は事業概念やマーケティング規範を塗り替える中国金融の動向を紹介する。

※本記事は、2020年12月25日刊行の定期誌『MarkeZine』60号に掲載したものです。

世界最大規模のフィンテックIPOを延期させる、中国政府の余裕

 Alibabaグループ傘下のフィンテック会社で、「Alipay(アリペイ/支付宝)」を運営する「Ant Group(アント・グループ/以下、Ant社)」。今年11月5日に資本調達額の規模で世界最大のIPO申請を予定していたが、中国当局が突如一時延期の指導をした。

 「金融のデジタル化」のトレンドは、マーケティングやDX領域をすっぽり包み込むほどの巨大な概念で、今やその震源地が(米国だけでなく)中国である可能性は大きい。この背景において、今回のこの中国当局からの「一足先に世界一に輝くはずのAnt社のIPOに、待った」を中国政府自らが世界市場に提示したのは、世界をリードしている中国ならではの「余裕」として、世界市場は見ている。

 Ant社が無事に上場した後に予想されていた時価総額の規模は、なんと約32兆円(3,100億ドル)※1。これは日本の3大メガバンク「三菱UFJ-FG(5.8兆円)」と「三井住友FG(4.0兆円)」と「みずほFG(3.4兆円)」を合計した上に、さらに倍額の規模が登場するサイズである(2020年11月7日時点)。

 約200年の歴史を持つ米国金融の要「J.P.Morgan Chase(3,138億ドル)」と並ぶ規模であり、「Citibank(889億ドル)」「Goldman Sachs(692億ドル)」の時価総額を軽く数倍超えたサイズなのだ。金融業の歴史において、創業15年ほどの企業が200年間制覇し続けていた金融企業群を追い越すことが、過去にあっただろうか。今後の米国の政権(と世界のトレンド)も踏まえ、世界金融のデジタル化と標準化の動きにおいて新たな展開が予想されうる。今や政治や経済の中核となる「金融再編とデジタル通貨」のリード主役は企業単体ではなく、米国単体(や日本単体)でもない、その上の大きな判断へと昇華している。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー


定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ閲覧いただけるプレミアム記事を、今だけ無料公開中です。

次のページ
事業概念やマーケティング規範を塗り替える中国金融

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
定期誌『MarkeZine』米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

榮枝 洋文(サカエダ ヒロフミ)

株式会社ベストインクラスプロデューサーズ(BICP)/ニューヨークオフィス代表 英WPPグループ傘下にて日本の広告会社の中国・香港、そして米国法人CFO兼副社長の後、株式会社デジタルインテリジェンス取締役を経て現職。海外経営マネジメントをベースにしたコンサルテーションを行う。日本広告業協会(JAAA)会報誌コラムニスト。著書に『広告ビジネス次の10年』(翔泳社)。ニューヨーク最新動向を解説する『MAD MAN Report』を発刊。米国コロンビア大学経営大学院(MBA)修了。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング