SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ミロゴス、LINE Messaging APIを活用しコミュニケーション最適化を図るツールを提供

 セプテーニ・データ・ソリューションズの連結子会社で、 LINEを活用したDX援事業を手掛けるミロゴスは、LINE Messaging APIを活用した2つの新サービス「DynamicRichmenu」および「BotCreator」の提供を開始した。

(タップで拡大)
(タップで拡大)

 「DynamicRichmenu」は、LINE Messaging APIを利用したリッチメニューの作成・配信が可能なツール。管理画面で複数パターンのリッチメニューを作成可能で、連携した各データを基に、それぞれのユーザーに合わせたコンテンツを配信することができる。また、複数のメニューをタブで切り替えられるリッチメニューの作成も行え、最大で18のアクションを設定可能。

(タップで拡大)

「DynamicRichmenu」の利用イメージ(タップで拡大)

 「BotCreator」は、LINE公式アカウントにおいてチャットボットを活用し、アンケートやキャンペーンを実施できるツール。管理画面でアンケートやキャンペーン用のチャットボットを作成・配信し、ユーザーからの情報収集が可能だ。これにより、施策実行の負担軽減や準備期間の短縮を実現する。

(タップで拡大)

「BotCreator」の利用イメージ(タップで拡大)

【関連記事】
凸版印刷、スマホをかざすだけでLINE公式アカウントとつながる新システムを展開
アイリッジ、会員証などの機能提供を可能にする「LINEミニアプリ構築プラットフォーム」を発表
博報堂と博報堂DYMP、LINEリサーチのセールスパートナーに 新たな調査手法の開発・提供に向け連携
CA、小売向け「LINEミニアプリ」開発パッケージを提供開始 自社アプリ機能をLINE上で提供可能に
STAFF STARTとLINEショッピングが連携 スタッフコーディネート投稿でデジタル接客を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/01/06 12:30 https://markezine.jp/article/detail/35242

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング