SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

コネクトム、役員体制を変更 デジタルホールディングスの奥田知広氏が代表取締役社長に就任

 デジタルホールディングスの子会社コネクトムは、役員体制を変更した。新経営体制では、デジタルホールディングスの奥田知広氏が代表取締役社長に就任し、オプトの松本恵司氏が同社執行役員となった。

 同社は、中核事業を「店舗集客型広告配信および運用代理事業」から「店舗集客を目的とした、店舗情報管理、分析、情報配信(広告配信を含む)SaaS開発・販売事業」へ転換。それにともない、事業転換に見合った経営管理体制および事業成長を支える組織構築のため同体制変更に至った。今後はリテール事業主とエンドユーザーをつなぎ、購買体験における新たな価値をSaaSという形で提供していく。

 なお、前代表取締役社長の久米田晶亮氏は、取締役として中長期的な事業成長に向けたプロダクト開発や事業開発に注力するという。

 奥田知広氏は、リクルートHRマーケティング(現リクルート・ジョブス)、Facebook Japanなどを経てデジタルホールディングスに入社。2021年1月1日付でコネクトムの代表取締役社長に就任した。

【関連記事】
オプトホールディングが商号を「デジタルホールディングス」に変更 主事業をデジタルシフト事業へ
オプト、LINEの配信ツール「TSUNAGARU」に「UID統合分析機能」を追加し正式リリース
オプト、D2Cビジネス支援サービスを提供開始 SNSとECを掛け合わせたソーシャルコマースを支援
オプトとSO Technologies、デジタル人材教育支援に向けてeラーニングカリキュラムを開発
オプト、CX改善サービスを提供 企業活動の診断を基に、戦略立案からデジタル人材育成まで一気通貫で支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/01/12 17:33 https://markezine.jp/article/detail/35267

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング