SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

世界のトレンドを読む

AIが変えるマーケティングの未来――パーソナライズ自動化、A/Bテスト不要が当たり前になる?

 テクノロジー専門調査企業IDCが2020年8月に発表したAI市場予測では、2024年まで年率17%以上で拡大すると言われているAI市場。AI関連ソフトウェアやアプリケーション分野が伸びる見込みだ。これにともないマーケティング領域でもAIを活用する機会が増えることが想定される。現在、市場にはどのようなAIマーケティングツールが存在しているのか、またどのような効果が見込めるのか。海外で注目されるAIマーケティングツールの最新動向を追ってみたい。

AI市場、2024年に31兆円規模に

 バズワード/メディアハイプのフェーズが終わり、現実的な視点に立ったAIの普及が見込まれている。

 テクノロジー専門調査企業IDCが2020年8月に発表したAI市場予測では、CRM・AIアプリケーションやERM・AIアプリケーションを中心として世界のAI市場は2024年までに年率17%以上で拡大する見込みだ。2020年のAI市場規模は、1565億ドル(約16兆円)、前年比で12.3%増になる見通し。また2024年には3000億ドル(約31兆円)に拡大するという。

 その内訳の最大がソフトウェアで、AI市場全体の80%を占める。その中では、AIアプリケーションとAIソフトウェアプラットフォームの比率が高い。さらに、AIアプリケーションの中では、CRM・AIアプリケーションが全体の20%、ERM・AIアプリケーションが17%を占める状況だ。このほか、コンテンツワークフロー&管理アプリケーションやプロダクション・アプリケーションが重要分野になるとのこと。

 企業の様々な機能がAIによって高精度化・自動化されている昨今だが、マーケティング機能もAIによって大きく変わりつつある。

 機械学習、ディープラーニング、自然言語処理技術を活用したマーケティング施策の自動化・パーソナライゼーションAIツールが続々登場しており、マーケターを取り巻く環境は激変の様相となっている。

 マーケティング領域では、どのようにAIが活用されているのか、また実際どのような効果があるのか。海外で注目されるAIマーケティングツールを紹介しつつ、未来のマーケティングの姿の一端を覗いてみたい。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
パーソナライゼーションの自動化は当たり前に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
世界のトレンドを読む連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

細谷 元(Livit)(ホソヤ ゲン)

シンガポールを拠点にフィンテックやドローンなど先端テクノロジーに関する情報を実践を通して発信。現地ネットワークを生かしアジア新興国のリアルを伝える。Livit Singapore CTO。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング