SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AnyMind GroupがSSUGの「ENGAWA」を完全子会社化へ 海外マーケティング支援を強化

 AnyMind Groupは、サニーサイドアップグループ(以下、SSUG)の子会社でクロスボーダーマーケティングを主事業とするENGAWAの株式の100%を取得し、完全子会社化した。今回の子会社化にともない、ENGAWAの設立者であり代表取締役社長の牛山隆信氏がAnyMind Groupの日本支社であるAnyMind Japanの取締役に就任予定となっている。

(左から)ENGAWA 代表取締役社長 牛山隆信氏、AnyMind Group 共同創業者兼代表取締役CEO 十河宏輔氏
(左から)ENGAWA 代表取締役社長 牛山隆信氏、AnyMind Group 共同創業者兼代表取締役CEO 十河宏輔氏

 AnyMind GroupとSSUGはこれまでに、インフルエンサーマーケティングとクリエイターサポートに特化した「AnyUp」を共同出資で設立。中華圏や東南アジアなどにおけるインフルエンサーマーケティングや越境ECも含めた物販領域、およびENGAWAの持つ英字メディア「Tokyo Weekender」を活用したヨーロッパ・北米・オーストラリアへの情報発信などにおいて取引を重ねてきた。

 今後AnyMind Groupは、今回のENGAWAの参画を一つのきっかけとして、日本市場におけるインバウンド・アウトバウンド向けマーケティングへの展開をさらに強化していく。また、AnyMind Groupの注力事業である、ものづくりやD2C関連ビジネス、および日本でも主要空港を中心に展開しているDOOH(デジタル屋外広告)事業とのシナジー創出を含めた、経済圏拡大をさらに強く推進していく。

 牛山氏は今回の発表に際し、「今後のwith/afterコロナ時代においては、今まで以上に効果的かつ機能的な新しいデジタルソリューションが市場回復のキーエレメントとなることを確信している。AnyMind Groupの優れたテクノロジー・プロダクトをENGAWAの強みとするマーケティングノウハウとともに自治体/地域のクライアントへ提供することで日本と地域の新しいビジネスインフラの創出を実現していく」とコメントした。

【関連記事】
AnyMind Group、インフルエンサーマーケティング×美容室サイネージの新サービスを提供
AnyMind Group、Shopifyを活用したECサイト構築サービス「AnyShop」を提供 
羽田空港でデジタルOOHの運用へ AnyMind Groupと全日空商事がトラベル領域でのDXを推進
コネクトム、役員体制を変更 デジタルホールディングスの奥田知広氏が代表取締役社長に就任
Momentum代表取締役社長に取締役の瀬戸亮氏が就任

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング