SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ビーツ、「クラウドPOP」の提供を開始 AIカメラ×デジタルサイネージで顧客行動に沿った情報を提供

 デジタルサイネージを提供するビーツは、デジタルサイネージで最適な情報提供を行うことができるシステム「クラウドPOP」の提供を開始した。

 同サービスでは、AIカメラが顧客の状況や属性を判断して、デジタルサイネージ上に最適なコンテンツを表示する。そのため、商品への関心や購買意欲を高めることが期待できる。通常時はCMで目を引き、顧客が商品に近づくと機能説明の映像に自動で切り替わる。さらに顧客がボタンを押すとより詳細な情報を表示するなど顧客の行動に合わせたリアルタイムなコンテンツの表示が可能だ。

 またセンシング(情報を計測して数値化すること)によって、視認数、立ち寄り数、ボタンを押した回数が計測可能だ。顧客の属性(年代・性別)やそれぞれの時間など、これまで見えなかったリアル店舗の顧客行動データが可視化され、リアルタイムに確認することができる。

 さらに可視化したデータを、次の店頭販促の検討に役立てることが可能だ。販促のPDCAを実際のデータを元に行うことで「何をどう変えれば顧客の行動が変わり、売り上げアップにつながるのか」が把握できる。

【関連記事】
クラシルと東京メトロ、デジタルサイネージの共同広告商品を販売 通勤中の献立を考えるタイミングに訴求
LM TOKYO、デジタルサイネージアドネットワークを発表 AIを使って効果的に配信・計測も可能に
NewsTV、デジタルガレージのデジタルサイネージメディア「サキザキテルコ」との共同パッケージを開始
ルグラン、気象データに合わせて情報を配信する「天気連動型デジタルサイネージ」を開発
ビズライト・テクノロジー、電車内デジタルサイネージで「インプレッションベース広告媒体」の販売を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング