SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂と博報堂DYMP、XR技術を活用するグループ横断プロジェクト「hakuhodo-XR」を始動

 博報堂と博報堂DYメディアパートナーズは、博報堂プロダクツをはじめとする博報堂DYグループ各社とともに、グループ横断プロジェクト「hakuhodo-XR」を立ち上げた。

 博報堂では、2016年よりグループ会社とともにVR・AR専門ファクトリー「hakuhodo-VRAR」の活動を通じ、XR領域のクリエイティブやソリューション開発を行ってきた。

 今回開始するプロジェクトでは、hakuhodo-VRARの活動領域を拡張し、メディアやコンテンツホルダーとパートナーシップを持つ博報堂DYメディアパートナーズとともに、博報堂DYグループ各社による横断プロジェクトとして活動する。

 同プロジェクトでは、これまで注力してきたクリエイティブ領域のほか、XR活用による新たな顧客サービスやコンテンツビジネスの拡張など、多角的な視野でXRを捉える。生活者の新たなブランド体験・買い物体験・コンテンツ体験などの体験価値の創出と、企業と生活者の新たな関係構築をマーケティングサービス/ソリューションで実現していく。

 具体的には、次の3つのマーケティングサービス/ソリューション領域に注力する。

・XR One to One Service
 ショップやショールームでの接客対応、コールセンターや店頭カウンセリング、対面レッスンなどの「対面型コミュニケーション」をXRで進化。単なる音声通話やチャット、ビデオ通話ではない新しいサービス体験を創る。

・XR Brand & Life Experience
 カンファレンスや展示会、イベント、新商品PR発表会、新サービス開発など、企業やブランドとのtoB、toC接点における体験設計全般にXR技術を導入することで、新しいブランドコミュニケーション体験を創る。

・XR Entertainment & Sports Experience
 音楽イベント、スポーツ観戦、ゲーム実況などのライブ・エンタテインメント体験分野、テレビなどの番組コンテンツ制作分野においてXR技術を活用した新しいライブ体験システムやプラットフォーム開発を通じ、新しいライブ・コンテンツ体験を創り出す。

 また、hakuhodo-XR Studioとして、XR技術や有識者、プレーヤーなどに関するXR領域のナレッジ蓄積と注力領域やテーマに基づくソリューション開発、継続的な情報発信を行う。

【関連記事】
電通ライブ、XR空間演出システム「LIVE_XR」で次世代のオンラインイベント開催を支援
KDDI、スマホをかざして歩くだけでVRの別世界に移動できる「au XR Door」を開始
SoVeCとKDDI、日常空間にARを表示させる「XR CHANNEL」の提供へ 空間認識技術を活用
施設内のバーチャルツアーを可能に ジールアソシエイツが360°空間3D-VR撮影サービスの提供へ
クロス・マーケティング、VRを活用しリアル空間の広告への反応を把握する「バーチャルアドバリュー」提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング