SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドウェイズ、TetaVi、クレッセント、ボリュメトリックビデオの提供に向けて提携

 アドウェイズはTetaVi(テタビ)、クレッセントと「ボリュメトリックビデオ」のサービス化を図るため、パートナーシップ提携を開始した。

 ボリュメトリックビデオとは、複数のカメラで撮影した人物や空間を3DCG化する技術だ。空間自体を3次元のデジタルデータへ変換しているため、視聴者は360度自由な視点から映像を視聴することができる。

 アドウェイズは、「ボリュメトリックビデオ」の撮影技術を保有するイスラエルの企業TetaViへ出資。TetaViが持つ独自のアルゴリズムによって実現したグリーンスクリーン背景を必要としない「Volumetric Capture System」と、戦略的パートナーシップ提携先であるクレッセントが持つ最新鋭の専用スタジオと連携することで、人物などの撮影から3Dモデル化、編集までを一気通貫して制作することが可能となる。

 3社はバーチャルコンサートや映画などのエンターテインメントを始め、イベント、スポーツ、ファッションなど、様々な分野、ニーズに応じた高品質な映像制作をサポートする予定だ。

【関連記事】
アドウェイズ、メイクのお試しから商品購入までを可能にする「AR バーチャルメイク広告」を提供
アドウェイズ子会社、Googleの広告ネットワークを通じたコネクテッドTV向け広告配信の提供を開始
アドウェイズ、体験型広告「AR カメラフィルター広告」を提供開始 ブランドの世界観を訴求
クリエイターズマッチとアドウェイズが業務提携 インタラクティブなクリエイティブの制作でブランドを支援
アドウェイズ、Web ARを活用した体験型広告「Interactive AR AD」の提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング