SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

松竹グループが映画資産のネット活用を本格化、「松竹ONLINE」で小津作品や「男はつらいよ」を配信

 松竹グループは、劇場、DVD、地上波や有料放送などに加えて、配信市場における収益の拡大を目指し、5月下旬に「松竹ONLINE」を開設。子会社の衛星劇場の運営によって、ユーザーの集客から自社サイトでのコンテンツの販売・課金までを行う。

 「松竹ONLINE」では、「男はつらいよ」などネット配信では初公開となる作品をはじめ、小津安二郎監督の「晩春」「秋刀魚の味」、木下惠介監督の「二十四の瞳」など、松竹映画の数々を厳選して配信。2000本を超える映画資産を抱える松竹は、人気の俳優や監督・著名人などによる名作紹介コンテンツやSNSなどを提供し、映像資産の活性化をねらう。

 サービス開始は5月21日を予定しており、初年度のリリースは約200本。毎月10~20本程度追加していく。作品の購入方法は2つあり、「単品コース」では、一作品につき7日間視聴可能で料金は367円。また、1,050円の定額制で提供する「月額コース」では、映画監督や俳優、著名人によるお薦めの映画(毎週更新)を視聴することができる。月額コースでは、映画鑑賞券の割引、試写会招待、映画撮影所見学などの特典の提供も予定している。

【関連リンク】
EUで日本製アニメの放映時間が最も長いのは「ベルギー」、1日平均4.5時間放映【文化庁調べ】
「Yahoo!映画」、レビュー投稿で報酬が得られるアフィリエイト開始
ツタヤオンライン、映画&音楽系モバイルSNSをスタート
エンタメ潮流コラム「邦画の復活の理由とは」
エンタメ潮流コラム「映画産業の今後を占う」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/05/08 12:15 https://markezine.jp/article/detail/3553

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング