SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

現在開催中!MarkeZine Day春(オンライン)、2日目の見どころ【その2】

 MarkeZineは3月2日(火)~3月4日(木)の3日間、「MarkeZine Day 2021 Spring」をオンラインで行います。この記事では、2日目のセッションの内、12:45から15:20までの6セッションの見どころをまとめて紹介します。若干数の当日枠が用意されているセッションもございますので、興味のあるセッションはぜひご視聴ください。

12:45~13:30 ユーザー行動分析の最新事例が明らかに

 「ROI効果平均655% | GAFAMも活用している注目のDX推進「ユーザー行動分析」の活用事例ご案内」では、Amplitudeの米田氏が登壇。現状のDX推進によるビッグデータの活用の課題を明らかにし、ユーザー行動分析手法を取り込む事により、どのような効果が得られるかを紹介します。

12:45~13:30 CDPのメリットと注意点を解説

 「4つの業界別ユースケースから学ぶ効果的なデータ活用戦略~CDPのメリットと注意点」では、EVERRISEの伊藤氏が4つの業界別ユースケース(小売・EC+小売・メーカー・不動産)を元にどのようにデータ活用を行うべきか、CDPがどのようなときに必要なのかを解説します。

13:40~14:25 Z世代をつかむツボとは?

 「若者研究の第一人者が解説!これからの消費の中心「Z世代」をつかむツボ」では、原田曜平氏が登壇。マーケターが押さえておくべきZ世代の特徴、Z世代をつかむツボを解説します。

13:40~14:25 ライオンが実践するオウンドメディアとデータの活用

 「オウンドメディアの価値とその可能性 複合的データ活用によるCRM」では、ライオンが実践するオウンドメディアを通じて得られるデータとDMPのかけ合わせ方、その分析を活用したマーケティング戦略が明らかになります。

14:35~15:20 効率的にECをスタートする秘訣

 「コロナに負けない販売チャネルをデジタルで!自社ECを活用した売上アップに必要なこと」では、コロナ禍でいかにスピーディかつ効率的にECをスタートし、軌道に乗せていくために必要なことを、エートゥージェイの飯澤氏が解説します。

14:35~15:20 CX向上とLTV最大化に欠かせないファーストパーティデータ活用

 「積極的なCX向上とLTVの最大化を実現する、Tealiumのファーストパーティデータ戦略」では、Tealium Japanの小泉氏が登壇。CDPによるファーストパーティデータ戦略、及びその活用方法について事例を交えて紹介します。

 【開催概要】
名 称:MarkeZine Day 2021 Spring
日 時:2021年3月2日(火)10:00~18:05
    2021年3月3日(水)10:00~17:50
    2021年3月4日(木)10:00~18:05
会 場:オンライン
参加費:無料
申し込み:こちら

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング