SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CCI、メディア向けにアンケート会員の構築サービス「MediaDock リサーチパネル」の提供を開始

 サイバー・コミュニケーションズは、媒体社向け統合支援を行うMediaDockの新サービス「MediaDockリサーチパネル」の提供を開始した。

 同サービスにより、媒体社は独自でアンケート会員を構築することで自社内で簡単にアンケート配信やユーザーインサイトの分析が可能となる。またコンテンツの作成やサービスの改善、広告商品開発に利用できるだけでなく、構築したアンケートパネルによるリサーチ収益の獲得もできる。

 近年、EUではGDPR(一般データ保護規則)、米国カリフォルニア州ではCCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)が施行されるなど、世界的にユーザーのプライバシー保護の機運が高まりを見せている。消費者の実際の行動ログデータを収集・解析することが今後より一層困難になっていくことが考えられ、ユーザーインサイトを理解するためには、アンケートやインタビューで取得するアスキングデータの重要性が高まっているため、同サービスの提供に至った。

 「MediaDockリサーチパネル」は、提携先のSyno Japanが提供するソリューション「Syno Cloud(シノクラウド)」を活用。メディアに訪れるユーザーに対してアンケート会員システムを構築することでいつでも会員にアンケートを実施することが可能だ。また構築したアンケート会員パネルは、DMPと連携しサイトの改善や広告配信に活用できるだけではなく、ダッシュボードで簡単に可視化することが可能です。構築したアンケートパネルは、自社内の活用に限らず、アライアンスを組んでいるリサーチ会社へシステムを通して連携することで、広告に代わる新収益としてリサーチフィーの獲得をすることができる。

 なお、同サービスは先行して毎日新聞社との取り組みを開始した。

 同社は2017年に「毎日アンケートパネル」事業を開始し、2018年からSyno Japanの提供するソリューションを活用している。アンケートによって取得したデータを自社独自の1stパーティデータとして蓄積し、ターゲティング広告の配信、広告効果測定などへの活用を行っている。

 今回の取り組みでCCIは、「毎日アンケートパネル」の戦略策定やアンケートの設計、データ構築などを支援する。アンケートを戦略的に行い、メディアとユーザーとのエンゲージメントを高めながら、質の高いアンケートパネルの運用をサポートする。

【関連記事】
CCI、デジタルチラシサービス「LINEチラシ」の取り扱いを開始
CCI、ABEMA、Quark tokyoら4社、動画コンテンツマーケのワンストップ支援を開始
CCI、講談社、凸版印刷、 コンテンツビジネスのデータ活用を推進する合弁会社を設立
CCI、LINE公式アカウントの運用を一気通貫で手掛けるコンサルティングサービスを提供
CCI、EC販売戦略を一気通貫で支援する「Commerce container」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/09 18:00 https://markezine.jp/article/detail/35697

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング