SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

動画の倍速視聴、20代の約半数が経験あり 倍速で見たいもの1位はドラマ【クロス・マーケティング調査】

 クロス・マーケティングは、「動画の倍速視聴に関する調査(2021年)」を公開。以下、一部内容を紹介する。

動画コンテンツの倍速視聴「経験あり」は約3割

 まず動画コンテンツに対する倍速視聴の割合を調査した。結果、倍速視聴の「経験あり」と答えた人は34.4%となった。

 年代別に見ると20代は他年代に比べ倍速視聴経験者の割合が高く、特に20代男性は54.5%と半数以上が動画コンテンツを倍速で視聴したことがあるという結果となった。

倍速で見たい動画コンテンツは「ドラマ」がトップ

 次に倍速で見たい動画コンテンツについて調査した。結果「ドラマ」がトップとなった。その後「ニュース・報道」「バラエティ」と続いた。

 年代別に見ると20代女性は「YouTuberの企画動画(43.8%)」、50代女性は「ドラマ(43.8%)」が他世代に比べて高い傾向となった。

倍速視聴、世代間に意識の差が

 動画コンテンツを倍速で視聴することに関する意識について調査した。最も多かった回答は「テンポが速すぎて内容がよく理解できないと思う」で27.7%となった。

 性年代別の調査では20代女性は「自分の好きな速度で見られるので、自由度が上がると思う(38.2%)」がトップ、60代男性では「テンポが速すぎて内容がよく理解できないと思う(36.4%)」がトップと意見が分かれた。

【調査概要】
調査手法:インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域:全国47都道府県
調査対象:20~69歳の男女
調査期間:2021年3月5日(金)
有効回答数:本調査1,100サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合がある

【関連記事】
コロナ禍の年末年始、「出かけず家で過ごす」が6割超え 感染者急増を背景に/クロス・マーケティング調査
有料オンラインライブ、「視聴経験あり」は18% リアルへの集客効果も?/クロス・マーケティング調査
外食等の外出を伴う消費に回復の兆しも衣類、アクセサリー、化粧品は依然低迷/クロス・マーケティング調査
コロナ禍で「読書量が増加」は2割 電子書籍派も徐々に拡大【クロス・マーケティング調査】
サイカとクロス・マーケティンググループが業務提携 MMM分析と広告運用の双方を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/12 18:15 https://markezine.jp/article/detail/35720

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング