SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

コロナ禍での買い物、計画的に購入する割合が約8割増 今後も継続する人が約7割【Shufoo!調査】

 凸版印刷と同社のグループ会社であるONE COMPATHは、同社が運営する電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」にて買い物に関する意識調査を行った。

買い物頻度や店舗滞在時間が減少

 まずスーパーを訪れる頻度について調査した。結果コロナ禍以前に「ほぼ毎日」買い物に行っていた割合は21.0%であったのに対し、2020年6月調査(初回調査)では11.8%と大幅に減少した。2021年2月調査でも12.1%と状況は大きく変わらず、コロナ前と比べると43%の減少率となった。

 一方「週に1回以下」と回答した人は、コロナ前の28.8%から2020年6月調査では39.6%(10.8pt増)と大きく増加した後、2021年2月調査でも39.8%となり、買い物頻度は減少したままとなっている。

 スーパーでの滞在時間についてコロナ禍以前は「20分未満」が33.7%だったのに対し、2020年6月調査では47.4%(13.7pt増)と大きく増加。2021年2月調査でも依然として41.7%となった。

 一方、比較的長時間にあたる「30分以上」滞在する人は、コロナ前の29.1%から2020年6月調査で18.3%(10.8pt減)と大きく減少した。その後2021年1月上旬調査まで少しずつ増えていたが2021年1月下旬調査では再び減少に転じ、2021年2月調査では22.2%と上昇した。

買い物の計画性がアップし「テキパキ買い」が定着

 次にスーパーでの買い物方法について調査した。

 結果「予定していたものだけを購入」はコロナ禍以前が17.8%だったのに対し、2020年6月調査では31.1%と大幅に上昇。その後一時30%を下回ったものの2021年2月調査では30.2%となり、コロナ前と比較して69%の増加率になった。

 一方、「予定していたものと、店頭で見たもの半々ぐらいを購入」では2020年6月調査にて51.6%だったが、2021年2月調査では59.5%と調査開始以降最高値となった。これにあわせて「予定してないものを購入」と回答したユーザーは2021年2月調査で9.1%と最も低い数値となった。

 買い物頻度と店舗滞在時間の減少、計画購買の増加の傾向から、テキパキと買い物をするスタイルが定着していると同調査は考察した。

3人に2人が今の買い物スタイルを「今後も継続する」

 頻度や店舗での買い物時間など現在の買い物スタイルを「今後も継続する」と回答したユーザーが65.8%となり、テキパキ買いスタイルの傾向は今後もしばらく続きそうだ。一方で33.1%が「世の中の状況次第」と回答した。

1割はコロナ禍で「行くお店を変えた」

 コロナ禍に入って行くお店(スーパー)を変えた人は、9.2%となった。

 続いて「行くお店(スーパー)を変えた」ユーザーに理由を尋ねた。2021年2月調査では「今までのお店より安いから」38.9%(7.9pt増)、「今までのお店より近いから」37.1%(調査比6.5pt増)、「今までのお店より質が良いから」19.0%(5.6pt増)が上位3項目となり、2020年6月調査よりも増加していることがわかった。

 自由回答では「感染対策が不備なお店は避けている」(50代男性)、「今のお店の方が広くて清潔」(40代女性)、「お店が空いているから」(30代女性)、「ネットスーパーを利用するようになった」(30代女性)といった声も見られた。

【調査概要】
調査エリア:全国
調査対象者:「シュフーポイント」会員(全年齢の男女)
調査方法:インターネットリサーチ
サンプル対象:直近3ヶ月で実際にスーパーに訪れたと回答した人
2020年6月調査:62,116名
2020年8月調査:50,431名
2020年10月調査:51,548名
2020年11月調査:44,028名
2021年1月上旬調査:44,146名
2021年1月下旬調査:38,175名
2021年2月調査:32,284名

【関連記事】
ブラックフライデー、2020年は約8割が認知/購買意欲はコロナ禍でも好調【Shufoo!調査】
コロナ意識度を5つに分類 外出慎重だが工夫し生活する「インドア型」が40.3%【Shufoo!調べ】
Shufoo!とSmartNewsが連携 「チラシチャンネル」から付近の店舗のチラシが閲覧可能に
「Shufoo!」が「Pepper」の家庭用モデルに対応 ロボットとの会話を通じてチラシを閲覧可能に
SNS感覚で店舗をPR!凸版印刷の「Shufoo!」、中小事業者向けプランがWeb申し込みに対応へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/22 11:15 https://markezine.jp/article/detail/35766

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング