SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYMPとDAC、広告のオーディエンスを多面的に深堀し分析するソリューションを提供開始

 博報堂DYメディアパートナーズとデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、Google 広告データを活用し広告オーディエンスの多面的な深堀分析をダッシュボード上で提供するソリューション「Audience Dive」を開始する。

 同ソリューションでは、広告配信時に設定していないターゲティングセグメントであっても、広告効果を事後分析することができ、一度の広告出稿によってオーディエンスを広く分析することが可能に。従来管理画面では確認できない切り口での分析を、ダッシュボード上で継続的に確認することができるため、広告効果の定期的な改善につなげることができる。

 ダッシュボードで提供されるレポートはオンラインで管理されており、更新もすべてオンライン上で完結。データがすべてデータウェアハウスに置かれることで、定期的なデータ更新、カスタマイズに対応でき、レポートを継続して利用することが可能になっている。

 広告オーディエンスを深堀するための分析の切り口としては、「Targeting Potential」「View Trend」「Conversions」「Campaigns」「FQ Cut」「Reservation」の6つを用意。それぞれ視覚化されたUIで確認することができる。

広告オーディエンスを深堀するための6つの分析の切り口

広告オーディエンスを深堀するための6つの分析の切り口

【関連記事】
博報堂DYMP、マーケティングミックスモデリング支援の「m-Quad」を改善 ブランド選好分析も可能
博報堂DYMP、4社で事業提携 複合型VRイベント会場「VRADE」を開設
博報堂DYMPと博報堂DYアウトドア、 西友店頭レジ横サイネージ媒体を開発・販売開始
アサヒビール、データ分析・活用を共同で推進するパートナーの募集を開始 新たな価値の共創へ
テレビCM1本ごとの反応を広告主のKPIに沿って分析・可視化 電通がダッシュボードサービスを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/18 17:45 https://markezine.jp/article/detail/35825

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング