SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2021 Spring(PR)

ROI効果平均655% 「Amplitude」でマジックナンバーによるグロースハックを成功させる方法

 「Build Better Customer Relationship(顧客と信頼関係を構築する)」をテーマに、3月2~4日にかけて実施された「MarkeZine Day 2021 Spring」。3日に登壇したAmplitudeの米田匡克氏は、昨今各所で取り組みが進められているDX推進により取得したビッグデータを有効活用する手段として、同社の提供するツールを使った「ユーザー行動分析」を解説。デモンストレーション形式でその方法を紹介してくれた。

GAFAMも活用している「ユーザー行動分析」ツール

 「ユーザー行動分析とグロースハックには密接なかかわりがある」、セッションの冒頭そう切り出したのは、Amplitudeのカントリーマネージャーを務める米田匡克氏だ。

 米国サンフランシスコに本社を構えるAmplitudeは、「ユーザー行動分析」を提供するプロダクトアナリティクスのユニコーン企業。「ユーザー行動分析」とマシンラーニングによる「ユーザー行動予兆」で、ビジネス成長の次の一手を導き出している。

 同社が提供するグロースハック向けユーザー行動分析ツール「Amplitude(アンプリチュード)」は、Amazon、Facebook、MicrosoftというGAFAMの3社を含め、全世界で4万社のサービス実績を誇る。

 米田氏によると、TwitterやPayPal、Airbnbなどグロースハックで急成長をしてきたグローバル企業のほとんどはAmplitudeのクライアントで、昨今話題のClubhouseも行動分析にAmplitudeを活用しているとのことだ。日本市場へは2019年から本格的にビジネス展開を開始し、プロダクトアナリティクス支援を行っている。

 そこまで多くの企業にAmplitudeが選ばれる理由は何か。「最大の魅力は、厳選された『最先端グロース向け自動分析チャート』を提供していること」だと米田氏はいう。

 アクティブユーザー数、リテンション、ファネル分析などの基本的なものに加え、行動クラスタ分析やマジックナンバー抽出など、グロースハックの手法を取り入れた15種類のチャートが標準搭載されていて、特別な知識がなくともそれらの分析が行える。

 「マジックナンバー(先行指標)」とは、ユーザーが「特定のアクション(イベント)を規定回数以上行う」と、サービスの継続率や収益などの重要指標が飛躍的に向上する数字を表している。

 有名な例に、Facebookの「『ユーザー登録後10日以内に7人の友達を作る』と、飛躍的にエンゲージメントが高まりFacebookの使用回数が頻繁になる」などがある。こうしたマジックナンバーを瞬時に複数求めることを可能にするのがAmplitudeだ。

Amplitudeを使ったデータ精査を実演

 セッションでは、マジックナンバーを求めてユーザーの商品購入率を高める実演が行われた。設定は、「楽曲ストリーミングサービスのグロースを任された担当者」。

 デイリーアクティブユーザー(DAU)15万人、マンスリーアクティブユーザー(MAU)50万人。サービスはWebやアプリ、PC、スマホなど、マルチプラットフォームやクロスメディアで展開され、サブスクリプション(定額課金)もしくはコンテンツ課金のビジネス形態となっている。

 すなわちアノニマス(匿名)の状態でユーザーがサービスと接触し、無料課金を得て有料課金ユーザーになるモデルを想定する。

 なおこのサービスにおいてはユーザーアクション(コンテンツ再生、購入、お気に入り登録など)ごとにAmplitudeに対してイベント(コンバージョン)を発火できるように仕組まれている。

実際の管理画面
実際の管理画面

 サービスのグロースのため、まずはサービスの現状把握をしていった。たとえば、「アクティブユーザー数の推移」「課金ユーザー数の推移」「リテンション」「LTV」、これらの指標がどうなっているかをAmplitudeで確認する。

【判明したこと】
・過去6ヵ月のアクティブユーザーの推移は横ばい
・過去6ヵ月の課金ユーザー数の推移も横ばい
・流入元でリテンションの違いは見つからない
・流入元でLTVの違いは見当たらなかった

 週間アクティブユーザー(WAU)を見ると、25~30万で推移していて、そのうち平均15~16万のユーザーが定額課金の購入に至っていることが判明した。リテンションについては、30日後に約8%という数値に。つまり「新規で100人のユーザーを獲得した場合、30日後に8人残っている」という計算になる。

 LTVについては、ユーザー1人あたりの平均売上金額(ARPU)を確認したところ、35週で約1,200円という結果が出た。

次のページ
購買のカギとなるマジックナンバーの求め方

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZine Day 2021 Spring連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

畑中 杏樹(ハタナカ アズキ)

フリーランスライター。広告・マーケティング系出版社の雑誌編集を経てフリーランスに。デジタルマーケティング、広告宣伝、SP分野を中心にWebや雑誌で執筆中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング