SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ブレインパッド、A/Bテストを高度に自動化するAI機能「conomi-optimize」を提供開始

 ブレインパッドは、同社が提供するDMP「Rtoaster(アールトースター)」にて新機能を追加した。

 今回新たに追加された機能「conomi-optimize(コノミ・オプティマイズ)」は機械学習の一種で、価値を最大化するような行動である「強化学習」を用いている。これにより閲覧者ごとにウェブサイトやスマートフォンアプリの表示コンテンツを最適化できる。

 「conomi-optimize」の特徴は次の3点だ。1つめは目的とするCVポイントごとにコンテンツ表示比率を最適化できる点。特定のCVポイントへ誘導する最適なコンテンツ表示比率を個別に算出することができ、精度の高いパフォーマンスを実現する。

 2つめは強化学習の学習方針を柔軟にカスタマイズが可能な点。どのコンテンツが「最適」かは商材特性や表示箇所によって異なる。過去データの分析結果から、最適な学習対象期間や学習率をビジネスモデルや顧客傾向に基づき設定することで、各社の方針に合わせたカスタマイズができる。

 3つめは「Rtoaster」に蓄積されたウェブ・アプリの行動データを用いてすぐに実践可能な点。同プラットフォームに既に蓄積されているウェブやアプリの行動データを用いて最適化学習をするため、新たに学習データの取得やセグメンテーションをすることなく、スピーディーに「conomi-optimize」の最適化結果をウェブやアプリに反映することができる。

 同機能は、複数社に先行導入されており、従来のコンテンツ最適化アルゴリズムよりもさらに20%以上成果が向上するなどの効果が得られているという。

【関連記事】
ブレインパッド、SNS分析のスマート検索機能を提供開始 クエリ設定工数の削減を可能に
ブレインパッド、DX・データ活用に関する情報を発信する専門メディアを開始
ブレインパッドとセキュア、リテール領域の店舗連動型データ活用ソリューションの構築を開始
ブレインパッド、「Rtoaster」のリブランドを発表 3つのプロダクトでマーケ領域のDXを実現
ブレインパッド、オンライン試着データをチャネル横断で活用可能なソリューションを開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング