SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Amazonランキング

Amazonで2021年4月に人気だったマーケティングの本は? 1位~50位までランキング発表

 2021年4月の1ヵ月間に、Amazonで売れたマーケティング関連本のランキングを1位から50位まで紹介する。直近の新刊では2位に『進化思考――生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」』、26位に『ゼロからわかるビジネスInstagram 結果につながるSNS時代のマーケティング戦略』、34位に『リサーチ・ドリブン・イノベーション 「問い」を起点にアイデアを探究する』がランクインした。

 2021年4月の1ヵ月間にAmazonで売れたマーケティング関連本、1位から50位までを一挙に紹介(Amazon協力のもと、「マーケティング・セールス」ランキングから作成)。下記では50位内にランクインした直近の新刊をピックアップする(3月のランキングはこちら)。

進化思考――生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」

 2位には『進化思考――生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」』(太刀川英輔、海士の風)。生物の進化にアイデア発想とリサーチの方法を学び体系化した進化思考について解説されている。

ゼロからわかるビジネスInstagram 結果につながるSNS時代のマーケティング戦略

 26位には『ゼロからわかるビジネスInstagram 結果につながるSNS時代のマーケティング戦略』(株式会社ホットリンク 朝山高至、SBクリエイティブ)。Instagramのアカウント担当者に向けて、予算や知名度に頼らずに成果を出すマーケティングを解説した入門書。

リサーチ・ドリブン・イノベーション 「問い」を起点にアイデアを探究する

 34位には『リサーチ・ドリブン・イノベーション 「問い」を起点にアイデアを探究する』(安斎勇樹他、翔泳社)。ボトムアップ型のイノベーションを生み出すために、リサーチを主軸にした手法が4つのステップに分けて説明されている。

 1位から50位までの全体ランキングについては次のページに掲載している。前月順位についてはデータ取得の方法・仕様により変動する場合がある。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
マーケティング関連本 Amazonランキング 1位~50位

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Amazonランキング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

 翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/05/19 07:00 https://markezine.jp/article/detail/36024

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング