SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

125万人の会員からユーザー化 JTB等3社「バーチャル・ジャパン・プラットフォーム」事業を開始

 JTB、Fun Japan Communications、FIXERの3社は、国内外の消費者・自治体・事業者がエントリー可能な交流・経済圏である「バーチャル・ジャパン・プラットフォーム」事業を開始した。

 「バーチャル・ジャパン・プラットフォーム」では、XR技術を活用し、仮想空間上にバーチャルな日本を構築。ここでは、進化し続ける街や施設に世界中の人々が集い、観光やショッピングなど様々なコンテンツを楽しみながら交流を深めることができる。

 事業構想としては、はじめにバーチャル空間内でユーザーが自分の分身であるアバターを操作しながらユーザー同士でコミュニケーションを楽しめる機能や、日本各地の歴史や文化を深く知り、リアルに近い体験ができる機能を拡充。空間内での交流の活性化を図る。

 次に、日本の自治体や事業者が、海外・国内のユーザーに向けて日本各地の特産品や体験コンテンツを提供し、日本の技術やサービスを発信する場として活用できるよう、機能・サービスを拡充する。

 また、この空間での交流や体験をきっかけに、コロナ収束後に多くの観光客が日本の観光地をリアルに訪れる人流を創出すると同時に、旅行後も旅先で出会った人々とバーチャル空間上で交流を継続できる、バーチャルとリアルのハイブリッド型を目指す。

 事業の推進は、JTBグループで日本紹介メディア『FUN! JAPAN』を運営するFun Japan Communicationsが担当。Fun Japan Communicationsが有する、125万人の会員からユーザー化を図り、段階的に対象国や地域を増やしながら、日本のユーザーも含めて、順次ユーザー数を拡大させていく。

 なお、同事業においては、第一段階として2024年までに1,000万人のアクティブな交流人口を創出することを目標としている。

【関連記事】
JTBグループ会社とWACUL、Webサイト分析改善ツール・AIアナリスト for ツーリズムを提供
JTBとセールスフォース・ドットコム、地域DX推進を目的に「包括的連携・協力に関する協定」を締結
リアル・バーチャルを自在に組み合わせ 博報堂プロダクツが「ハイブリッドイベント専門チーム」を発足
施設内のバーチャルツアーを可能に ジールアソシエイツが360°空間3D-VR撮影サービスの提供へ
電通グループ3社、店舗やショールームをバーチャルで構築する「クイックDXソリューション」を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング