SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ハースト婦人画報社、マーケティング部を新設しコンテンツ制作とメディアソリューションの連携を強化

 ハースト婦人画報社は広告主のマーケティングプランをトータルにサポートする部門ハースト メディア ソリューションズ内に、マーケティング部を新設した。

マーケティング部が保有する機能組織
マーケティング部が保有する機能組織

 マーケティング部にはデジタルビジネス、データ スタジオ、ビデオソリューションズ、グローバルソリューションズ、ハーストライブの5つの機能組織を部内に配置。同部署はデータスタジオを起点にし、生活者の環境変化にともなうニーズ変化をデータ化して可視化する。またそれぞれの機能組織との融合を行うことで、広告主のマーケティング課題に対し最適なメディアソリューションを提供していく。

 コロナ禍によりライフスタイルが変化しメディアへのアクセスや滞在時間が大幅に上昇している中、変化した消費行動やメディア接触行動を改めて調査し、ユーザーインサイトの再認知が必要となってきている。そこで81万件を有するハーストIDや月間2,500万UUのトラフィックデータなどのファーストパーティデータをデジタル広告運用に活用するため同部署の新設に至った。

 同社のマーケティング部はブランドの新たなメディアコラボレーション事例として、Burberry(バーバリー)のバーチャルポップアップショップの展開を開始した。バーチャルポップアップショップにより、オンラインとオフラインをシームレスにつなぎコンテンツを加えたショッピング体験と、商品の詳細情報の提供や池田エライザ氏とのインタラクションを実現する。

池田エライザと巡る「バーバリー」バーチャルポップアップショップ<br />2021年4月18日(日)まで

池田エライザと巡る「バーバリー」バーチャルポップアップショップ
2021年4月18日(日)まで

【関連記事】
ハースト婦人画報社、フードビジネスに特化した総合マーケティングソリューションを提供
ハースト婦人画報社とTeads、モバイル動画広告ソリューションを提供 広範囲のメディア配信に対応
ハースト婦人画報社、ソーシャルポストを活用する新広告フォーマット「Share Post AD」を提供
ハースト婦人画報社、同社ファーストパーティーデータを活用しブランドマーケを支援する新組織を設立
出版社4社、顔写真から似ているモデルを診断し、雑誌を紹介してくれるサービス「ダレフウ?」公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング