SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

AOKI、店頭で見た商品をどこからでも購入できる「テイクアウトサービス」を全店で開始

 AOKIは、一部店舗で実施していた「テイクアウトサービス」を、AOKIおよびORIHICAの全店で開始した。

 同サービスでは、顧客が店頭で見た商品のQRコードを発行し、テイクアウトページへのアクセスを可能にする。これにより、顧客は退店後も商品の詳細やコーディネート情報を確認し、気に入ればそのままオンラインショップで購入することもできる。

【クリック/タップで拡大】
【クリック/タップで拡大】

 また、同社は商品が同サービスを経由してオンラインショップで購入された場合に、店舗や接客を担当したスタッフの実績として評価する仕組みもあわせて導入した。

 なお、同社では今後、同サービスのほかオンラインショップで注文した商品の店舗受け取り/取り置きサービスなど、一連のOMOサービスを「イージーウェブショップ(EWS)」として提供していく。ウェブオーダーサービスのみORIHICA限定店舗での実施となり、それ以外のサービスは全店で利用可能だ。

【関連記事】
Reproが「洋服の青山」のOMO推進パートナーに アプリ・ウェブのマーケティング支援を開始
SupershipとKDDI、効率的なストアマーケティングを支援するOMOソリューションを提供開始
ロケーションバリュー、ユーザーを軸とした一気通貫のOMOマーケティングソリューションを提供
CCCマーケティング、DNPと連携 T会員基盤を用いたOMOダイレクトマーケティングサービスを開始
フェズ、店頭データと購買データを連携させ可視化する 「ラウンダープラットフォーム」提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング