SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Twitter、音声会話機能「スペース」を開始

 Twitter Japanは、Twitter上で音声によるライブの会話をすることができる「スペース(Space)」を発表した。同サービスはTwitterのフォロワー数が600人以上のアカウントに、スペースのホスト機能をiOS、Androidともに提供する。

スペースに参加
スペースに参加

 スペースは、フォローしている人がスペースで発言すると、タイムラインの一番上に紫色のバブルが表示される。

 リスナーとしてスペースに参加すると絵文字で反応、ピン留めされたツイートを確認、キャプション(字幕)を見て会話の内容を確認、そのスペースをツイートやDMで誰かに知らせる、発言をリクエストすることができる。

スピーカーをリクエスト
スピーカーをリクエスト

 スペースを作成したホストは、誰が発言するかなどを選ぶことができるため、参加者にスピーカーとして発言を促すことも可能だ。その他にも、ホストはスピーカーをミュートにしたり、スペースから完全に退出させたりできる安全管理機能も備わっている。

スペースを開始する方法(クリック/タップで拡大)
スペースを開始する方法(クリック/タップで拡大)

 今後は課金型のスペースが開設できる「チケット制のスペース」、共同開催が可能な「共同ホスト」、 スペースのスケジュールやリマインダーを設定できる 「スケジュールとリマインダーの設定」などの機能を追加予定だ。

【関連記事】
Twitter、TAGの認証マークを取得しブランドセーフティを強化/広告向けに会話参加設定機能を導入
Twitter、広告をアップデート キャンペーン設定を簡易化しCookieレス対策を実施
Twitter、公式マークの認証プログラムを2021年1月20日から再開
Twitter、24時間で投稿が消える新機能「フリート」を日本でもリリース
Twitter、いいねボタンをカスタマイズ可能な広告商品「Branded Likes」のβ版提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング