SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

生産者がコマースライバーに!ヤマト運輸とSHOWROOM、ライブコマースで販売支援する取り組み開始

 5月12日、ヤマト運輸とSHOWROOMは、ヤマト運輸が持つ全国の生産者や事業者のつながりと、SHOWROOMの安定したライブ配信プラットフォームを活かし、ライブコマースを通じた販売支援の取り組みの第2弾を実施する。

 今回は対象地域を全国※に広げ、参加する生産者・事業者を募集。生産者・事業者はライブコマースの配信者「コマースライバー」となり、地域や商品の魅力、商品にまつわるバックストーリーをライブ配信する。

 さらに、「SHOWROOM」内には、同取り組みの特設ページを公開し、毎週水曜20時~21時を「ライブコマースの日」とし、SNSと連携した視聴者へのプレゼント企画などを実施していく。

特設ページ
特設ページ

 2020年11月に実施した第一弾では、「SHOWROOM」のライブコマース機能を活用して、STU48のメンバーが実際に瀬戸内地域の生産者の元へ足を運び、商品づくりにチャレンジした背景とともに商品をライブ配信で紹介し、視聴者から反響を呼んだ。

 商品の基本情報にあわせ、商品への“想い”を本音で伝える様子が多くの視聴者の心を動かし、ライブコマースの実証事例となり、今回の第2弾実施に至った。

 今後も両社は連携し、コマースライバーの育成や越境ECなど、生産者や事業者がライブコマースを活用して商品の魅力を発信できるような支援を行うとともに、生産者向け販売支援に限らない新たなビジネスモデル構築の検討も進めていく。

 ※沖縄地域を除く

【関連記事】
ショップチャンネルとC Channelが業務提携 ライブコマース事業を開始
日本ユニシス、自社のECサイトでライブ配信での商品販売を可能にするライブコマースサービスを提供開始
シナジーゲート、ライブコマース・アプリを簡単に作成できる「ライブゲート」をリリース
電通テック、「インフルエンサーコマースソリューション」を提供 ライブコマースの売上拡大を支援
ヤーマン、オンラインカウンセリングやライブコマース、ライブ配信環境の強化へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング